【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » 【面接機能付き】オンライン採用ツールを比較 » jinjerミーティング

jinjerミーティング

jinjerミーティング(旧:Calling)のオンライン面接

ライブ面接が可能なツール。標準機能として録画や画面共有が使えますので、 面接のみならずオンライン説明会にも活用できます。

jinjerミーティングの特徴

面接だけでなくオンライン説明会にも

jinjerミーティングは、Web会議システムとして開発されたツールで、オンラインでのコミュニケーションに特化した機能が充実しています。録画や画面共有、アンケートなどの機能がすべて標準で利用可能。1対1の個人面接はもちろん、Web会議形式のグループ面接、120名まで同時接続できるオンラインの会社説明会など、用途に合わせて幅広い使い方ができるサービスです。

1ID=1,500円の高コストパフォーマンス

jinjerミーティングは1ID・1,500円(税込1,650円)で利用できる手軽さが魅力です。シンプルなワンプランでフルスペックが利用可能、機能制限はなく通話は無制限で使うことができます。面接やWeb会社説明会だけでなく、普段の社内ミーティングやオンライン商談もこれひとつで叶うため、継続的に使えるコストパフォーマンスの高いサービスです。

強固なセキュリティ体制

jinjerミーティングでは、オンラインの面接や説明会を安心して実施できるよう、強固なセキュリティ体制を整えています。クラウドサーバは信頼性の高いAWSを利用し、またすべての通信をTLS暗号化することで、悪意のある第三者によってデータを盗聴・改竄されないよう対策しています。システムは24時間監視されており、もし障害発生した場合も迅速に復旧できる体制を構築しています。

面接機能付き採用ツールを徹底比較!
おすすめツールはこちら

jinjerミーティング(旧:Calling)を使うメリット

社内外のコミュニケーションツールとして、採用の現場以外にも広く活用できます。料金体系が分かりやすく、急な増員によるID追加もすぐ対応できるので、事業の成長スピードを落としません。

jinjerミーティング(旧:Calling)の導入事例

ミラクシア エッジテクノロジー株式会社

会社説明会の日程が迫っていたが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発出が現実的になり、急遽オンライン説明会へ切り替えることに。火曜に申し込んで土日に本番という、異例の速さでjinjerミーティングを導入した。参加者用にロビー・面談ルーム・座談会ルームを用意し、対面に近いかたちで混乱なく運用できた。

参照元:jinjerミーティング公式サイト(https://www.calling.fun/case/miraxia/

株式会社ネオキャリア

2019年卒採用からjinjerミーティングを試験的に導入。今ではWeb面談が全体の10%で、北海道や東北、北陸地方の学生はほぼすべてWebで実施している。複数企業で選考を進めている学生は、最終選考が近くなると新しい迷いが生じやすいため、リクルーター面談によって悩みや疑問をしっかり解消できるよう働きかけている。

参照元:jinjerミーティング公式サイト(https://www.calling.fun/case/neo-career-recurit/

株式会社マルハン

全国に店舗展開している同社。エリア長と店長あわせて約100名が会議のために月1回集合していた。日程調整や移動に莫大な労力とコストをかけながら、情報連携のスピードが鈍化している点が課題だった。コストや操作性が手軽なjinjerミーティングの導入によって、社内報告や共有、タスク管理など多様なシーンで活用が進んでいる。

参照元:jinjerミーティング公式サイト(https://www.calling.fun/case/maruhan/

jinjerミーティングのスペック情報

運営元/販売元情報

企業名 jinjer株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル
問合せ電話 0120-334-511
公式サイト https://www.calling.fun/
RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが無料相談で人事全般の課題・悩みについて的確なアドバイスを実施します。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る