採用管理システム大全 » 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 » MOCHICA

MOCHICA

MOCHICAの特徴

みんなのコミュニケーションツールLINEと連携

MOCHICAの最大の特徴はメールではなくLINEと連携していること。LINEは10代20代の主要なコミュニケーションツールになっています。

手軽に利用できるLINEが普及するにつれてメールや電話を日常的に利用する若者は減少(LINEの普及率10代:79.3%、20代:96.3%…※1)しています。メールを「未読」のまま放置するケースが増えています。日ごろメールを読まない人は、重要な連絡をメールで行なうと見逃してしまうかもしれません。

MOCHICAは若者に多く利用されているLINEと連携することで、企業にとっても応募者にとっても使いやすいシステムを提供しています。

※1 引用元:平成28年総務省『情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』[PDF]

「メールや電話をしても返事がない」という課題を解決

選考途中でよく見られるのが、メールや電話をしてもなかなか返事が来ないという問題。授業やアルバイトなどでスマホを見られない、そもそもメールを見ないなどさまざまな理由がありますが、MOCHICAならそんなお悩みを解決できます。

10代20代の主要なコミュニケーションツールであるLINEを用いているため、通常のビジネスメールより返信率が高いのが特徴。電話のように折り返す手間がなく既読機能もあるため、応募者にちゃんと連絡が行ったのか分かりやすいのが魅力です。

自社に興味を持っている応募者に気軽に連絡がとれる

MOCHICAを利用することで、エントリーがたくさんの競合企業に埋もれるのを防ぐことができます。

エントリーした人が説明会や選考に進むかどうかは分からないため、通常は企業の宣伝を行ない、応募者の母数を増やすことで選考に進む人数を確保します。しかし企業の宣伝には多額のコストがかかり、企業によってはエントリー数の頭打ちを感じているケースも。

MOCHICAはLINEチャットで簡単に応募者へアプローチ可能。たくさんの企業にエントリーして埋もれがちなメールと違い、手元に届くメッセージで現在企業に興味を持っている人へ効率的に働きかけることができます。

エントリー数の拡大がこれ以上難しいと感じている企業でも、エントリーしている人の接触率を増やし説明会や面接に繋げることで、採用の課題を克服できるかもしれません。

QRコード対応でその場でエントリー可能

MOCHICAはQRコードに対応しており、応募者のスマホにQRコードを認識できるアプリが入っていればすぐにエントリー可能(LINEの友達追加のQRコード機能でも可能)。企業としては説明会の会場にQRコードを設置すれば、説明会に来た人にそのままエントリーしてもらえる可能性がぐっと高まります。

特に合同企業説明会ではたくさんの企業を回るため、説明会後にエントリーしてもらえるのは志望度の高い企業だけ。MOCHICAを利用することでまずはエントリー数を増やすことができます。

MOCHICAの導入事例

120万円のコスト削減を実現

これまで説明会の案内や電話によるリマインドを、アウトソーシング会社に依頼していたITサービス会社のA社。依頼にかかっていたコストは120万円と会社にとって痛いものでした。

MOCHICAを導入してから、アウトソーシング会社にお願いしていたリマインドやメール案内をシステムによって自動設定でおこなえるようになったので、アウトソーシングを廃止。120万円のコスト削減につながりました。

さらに学生とのやり取りにLINEを用いるようになったため、学生のアクション率がアップ。セミナーへの予約が20%向上したようです。

面接へつながる割合が15%増

MOCHICA導入により、エントリーから面接へつながる割合が40%から55%へアップした広告会社のB社。これまでは、応募者がいても即座に対応できず、面接までつなげることに苦労していました。MOCHICAはLINEと連携しているため、応募者からの連絡へ即座に対応できるように。応募者にとってもLINEでやり取りができることにより、応募しやすくなったようです。

24時間いつもでもスキマ時間を見つけて面接の調整ができるため、応募者を待たせず、テンションが高い状態で面接までつなげられます。

これまで母集団形成のために広告にも費用をかけていましたが、面接へつながり採用の費用帯効果が向上したので、広告費用の200万円削減につながりました。

タイムリーな追いかけが可能に

新卒向けの合同説明会へ出展するのですが、出展後のリスト管理と追いかけが機能していなかったコンサルティング会社のF社。タイムリーな追いかけが出来ていないため、せっかく興味を持ってくれた学生も面接までつながらず、費用対効果が悪い状態。しかし、LINEを用いることで、友達登録をしてもらえれば、楽に追いかけができるようになりました。合同説明会でたくさんの応募者が集まったとしても、これからは楽に対応を回せるはずです。

LINEを用いることで学生の負担も軽減

学生との電話連絡で採用業務が圧迫されていたR社。できるだけ面接や説明会の開催に工数を使いたいですが、電話連絡が滞ると面接にもつながらなくなるため、人事担当の大きな悩みに。MOCHICAを導入することで、連絡が電話からLINEに切り替えられ、連絡のやり取りが改善。学生にとってもLINEの返信は電話よりも対応しやすいと好評を得ているようです。

MOCHICAの詳細情報

サービス名 MOCHICA
利用料金 月額料金:50,000円(3カ月パック時)~
別途LINE社へのプロAPIプラン申し込み:32,400円
初期費用:0円
無料デモ・トライアル △(契約後アカウントの発行月は無料)
求人募集ページの作成
入力フォーム作成
面接日程の自動調整
募集・面接・採用などのフローの管理 ×
スケジューラー連携 ×
通知機能(リマインドメール)
メールシステム
自動連絡メール(定型文)
オンライン面接 ×
オンライングループ面接 ×
オンライン面接の録画機能 ×
動画選考 ×
求人媒体との連携
(サーバーとの自動連携)
CSVのインポート・エクスポート
利用環境(企業側) PC(ブラウザ) / iOS(専用アプリ) / Android(専用アプリ)
利用環境(応募者側) PC(ブラウザ) / iOS(専用アプリ) / Android(専用アプリ)
運営会社情報 [会社名]株式会社ネオキャリア( NEO CAREER CO., LTD. )
[所在地]東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
[営業時間]記載なし
[定休日]記載なし

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >