【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » オンライン採用の課題と解決法 » 録画面接を導入したい

録画面接を導入したい

録画面接(動画面接)とは?

採用面接における録画面接とは、あらかじめ設定された質問に答えてもらう面接方法のことです。求職者は、スマートフォンアプリやパソコンで企業側から提示された質問の映像・テキストを確認します。

その後は、スマートフォンやパソコンのカメラで質問に答える姿を録画し、映像を企業へ送信という流れです。

企業は、送られてきた映像を見返して、求職者の採用を検討します。

録画面接とWeb面接(ライブ面接)の違いとは?

録画面接とWeb面接の大きな違いは、リアルタイムで会話を行っているかどうかです。

録画面接の場合は、あらかじめ質問を話している映像やテキストデータを求職者に送信します。求職者は、好きな時間・場所で質問に対応する返答を録画し、映像データを企業へ送信していきます。

一方、Web面接は、あらかじめ設定された時間にWeb会議ツールを開き、採用担当者と求職者がリアルタイムでコミュニケーションを交わします。場所の制約はないものの、双方でスケジュールを合わせなければいけません。

このようにコミュニケーションの方法が異なります。

少ないリソースでも効率よく面接を進めていきたい企業は、録画面接の方がいい場合もあります。リアルタイムなコミュニケーションを重視している企業は、Web面接を中心に検討した方がいいでしょう。

【企業向け】録画面接のメリットとは?

採用スピードを上げられる

録画面接は、採用スピードアップにつながる可能性があります。

対面やWeb面接の場合は、面接官と求職者のスケジュールを合わせなければいけないため、準備から面接まで時間と手間がかかります。

一方、録画面接は、事前に質問内容を作成しておけば、ファイルを求職者へ送信するだけで面接が進みます。また、面接官を都度用意する必要がないため、人材不足で悩んでいる企業にとってもメリットの多い方式です。

面接辞退による損失を抑えられる

面接辞退による時間やコストの損失を抑えられるのは、録画面接の強みといえます。

求職者の中には、さまざまな理由から突如辞退している方も存在します。しかし、面接を辞退されると、当日までに用意した準備が全て無駄になってしまいます。

録画面接の場合は仮に辞退されたとしても面接官をその場で準備していないため、損失を抑えられますし、既に作成した質問内容を次の求職者へ送信すれば問題ありません。

複数の面接官が面接内容を確認できる

録画面接の場合はパソコンやスマートフォンで動画の内容を確認できるため、遠方にいる複数の面接官にもすぐ内容を見てもらえます。

また、対面の面接と異なり、録画された内容を何度も見返すことができます。仮に面接官が他の業務で確認できなかったとしても、別の日に改めて内容を確認し、採用を検討してもらえます。

このように複数の面接官が、手軽かついつでもどこでも面接の内容を確認できるのも魅力です。

対面の面接と異なり交通費を削減できる

対面の面接では、一次・二次面接と都度、交通費を出したり会場の説明に時間をかけたりしなくてはいけません。また、全国に支店がある場合、準備や移動費だけで多くの費用が発生します。

録画面接を導入すれば、交通費を削減できますし、面接の度に会場設営不要です。

応募者の本質を確認できる

履歴書やエントリーシートでは分からない、応募者の人物像や本質を確認できるのも大きなメリットでしょう。話し方、表情、背景に見える部屋の様子などから多くの情報が得られます。

遠方の優秀な人材にもアプローチできる

遠方から面接に出向かなくてもすむため、気になっていたけれど遠いな…という応募者の心理的ハードルを下げられます。結果、遠隔地の優秀な人材にもアプローチすることができるでしょう。

【企業向け】録画面接のデメリットとは?

その場で求職者へより深く話を聞くことができない

録画面接の主なデメリットといえば、その場で回答に対するコミュニケーションをとれないという点です。

面接内容によっては、さらに深く求職者の話を聞きたいという場合もあるでしょう。しかし、録画面接の場合は、事前に録画された映像から求職者の人柄や対応力などを見極めなければいけません。

機材トラブルなどによるリスク

録画面接の場合は、録画ミスや機材トラブルによって再度面接してもらわなければいけない可能性もあります。

たとえば、求職者の録画機材が故障、音声が途切れる、映像データを送信した際にファイルが破損などのリスクがあります。そのため、録画機材の仕様やファイルの形式などをあらかじめ確認し、なおかつ求職者向けに機材や送信方法について細かく伝えておくのが大切です。

情報流出リスク

録画面接を準備する際は、情報流出リスクについて把握しておく必要があります。

求職者から送信された録画データを録画面接用のWebシステムで管理する際、ハッキングによる盗難、操作ミスやバグによる流出といったリスクを抑えるのが大切です。録画面接用のWebシステムを探す際は、セキュリティ性の高いシステムから比較検討しましょう。

録画面接に慣れていない求職者からの応募が期待できない

録画面接に慣れていない・録画面接を知らない求職者からは、なかなか応募されにくい可能性もあります。

そのため、企業は、録画面接の流れを応募フォームなどに丁寧に記載したりWeb面接のシステムも用意したりしておくのが大切です。

録画面接のポイント

システムの使い方など事前に細かく準備しておく

録画面接のシステムを導入する時は、自社の関係者へ使い方や目的を丁寧に説明し、情報共有しておくのが大切です。特にシステムの使い方を自社で共有したい時は、マニュアルを作成し、紙もしくはデジタル資料として配布しておくのもいいでしょう。

自社が求める人材を明確にした面接内容にする

録画面接における質問内容を録画する時は、自社が求める人材・能力などを分かりやすくかつ簡潔に伝えるよう意識するのも重要です。対面やWeb面接とは異なりリアルタイムでコミュニケーションをとれないため、求職者に理解しやすい質問内容を用意しておきましょう。

また、どのような人材が求められているのか明確にしておけば、求職者も自分に合っている企業か事前に判断できますし、面接辞退や人材のミスマッチを防げます。

録画面接の導入事例

筆記試験だけでなく人柄を見たかった

活躍してくれる可能性が高い方に多く出会えるのが録画面接だと感じ、採用のあり方を変えたいという思いから録画面接を導入したケース。

筆記試験で知力、録画面接で人柄を評価し、双方の合計点で一次選考とすることで、筆記試験だけでは見えていなかった、雰囲気やコミュニケーション力を含めた人柄を知ることが可能に。これまで見逃していた、隠れた優秀人材に出会うこともでき、採用機会の創出につなげられたと感じられる結果となりました。

より多くの求職者と向き合いたかった

一緒に働く社員を含め、関わる方を家族と捉えており、採用時には「新しい家族を迎える」という思いで採用を実施している会社。同じ方向を向いて頑張ってもらえるかどうかを判断するために、求職者に向き合う時間と採用時にじっくり考えられる時間の確保を期待して、録画面接を採用したケースです。

導入したことで、面接の付随業務がなくなり、月20時間以上もの時間が新たに確保でき、より多くの求職者の方とじっくり向き合うことができました。家族になれる方に出会える可能性も増え、本当に使って良かったと感じています。

遠方に住む、意欲ある求職者の負担を軽減したかった

例年、全国から応募をいただくものの、面接に出向く交通費や日程が組みづらく、意欲ある方が辞退されてしまうことが悩みでした。コロナ禍でも採用活動を続けるために、録画面接に切り替えたケースです。

録画面接を導入したことで、遠方の方からの応募選考が進み、応募者自体も増えました。求職者も応募しやすくなり、全国の意欲ある方に来ていただくきっかけ作りになったのではと感じています。

応募者の方も、スマホやPCから自宅でいながら応募でき、自分のタイミングで落ち着いて参加できたようです。

まとめ

録画面接は、企業側で事前に面接の質問内容を動画やテキストファイルで保存しておきます。求職者は、録画面接システムなどから質問内容を確認し、回答を収録した動画を企業へ送信します。面接官は、複数の求職者から送信された動画から採用を検討していく流れです。

面接にかけられるリソースが少ない企業や時代に合わせて対面以外の面接方法も検討している企業は、今回の記事を参考にしながらオンライン採用ツールを比較検討してみてはいかがでしょうか?

録画面接機能が標準仕様されている
オンライン採用ツール一覧はこちら

RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが無料相談で人事全般の課題・悩みについて的確なアドバイスを実施します。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る