Zohoリクルート

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 > Zohoリクルート

Zohoリクルートの特徴

応募者を獲得するための機能が充実

Zohoリクルート上に採用サイトを構築できることから、ブランディングが統一された自社採用サイトを簡単につくることが可能です。採用サイトも応募経路としては非常に有効な施策のため、力を入れて取り組むのが良いでしょう。

また、人気の求人媒体へ求人広告掲載を投稿することができます。無料で掲載できる求人媒体は、掲載をしておいて損はありません。これまで運用がネックで掲載できていなかった場合、Zohoリクルートを活用すれば牡丹の切り替え1つで簡単に管理できます。

また、SNSに求人を投稿することも可能です。自社のTwitterやFacebookはもちろん、Linkedinなどの採用に特化したSNSも利用することができます。多くの応募者を獲得するために戦略的に活用できると良いでしょう。

高度な分析が可能

活動や求人、チームなどの枠組みで、活動状況をダッシュボードで管理することが可能です。また、クライアントの承認率と棄却率を分析し、クライアントに関連付けられた応募者状況や面接状況を一目で判別できるクライアントとのダッシュボードも閲覧可能です。さらにはオープンしているポジションの充足度を見ることもできます。

このようなデータを総合的に判断し、採用活動へ反映させていくことで、人事担当者は常にPDCAを回しながら採用活動が可能です。

効率的なデータ処理

「候補者から出される履歴書の情報が統一されたらいいのに…」と思ったことはありませんか?Zohoリクルートなら、履歴書解析ツールが阻止区の管理構造に合わせ、履歴書のデータを標準化した形でZohoリクルート上へ追加します。そのため自社の選考に必要な情報だけをピックアップすることができるのです。

また、共有用の履歴書を作成し候補者へ展開することも可能です。自社のブランディングイメージに合うような情報を記入する必要がある履歴書をクライアントへ共有しておくことで、より自社が必要な情報だけをおキャッチアップしやすくなります。

定型業務は自動化可能

タスクのリマインダー通知やメール返信など、定型化された業務は自動で対応することが可能です。

Zohoリクルートでは、相手に合わせたコミュニケーションを大切にしているため、メールでの連絡はもちろん、SMSでの連絡や電話など、必要に応じて様々な連絡が可能です。またこれらの履歴は全てZohoリクルート上に蓄積することができ、Zohoリクルートを見れば候補者とどのようなやり取りがされていたのかが一目で分かります。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

キャククルへのバナー

Zohoリクルートとその他のオンライン面接ツール・採用管理システムとの比較

  • WEB面接:×
  • WEBグループ面接:×
  • 求人媒体との連携:〇
  • スケジューラー連携:〇
  • CSVのインポート・エクスポート:×
  • 料金:2,700円~

Zohoリクルートがあれば全て完結する採用ができるという言葉がぴったりなように、自社に適した形で候補者の情報を提供してくれる採用管理ツールといえるでしょう。カスタマイズの融通度が高いため、他社では難しかった機能も一度相談してみることをオススメします。

Zohoリクルートの導入事例

採用プロセスの効率アップを実現

アメリカとインドに拠点を置くアプリケーション開発会社のR社。Zohoリクルートを導入することで、採用プロセスの効率化を実現しています。R社はインターネット技術に特化した開発知識を持っているため、他社には負けない料金とクオリティで顧客から評価をもらっている会社です。

そんなR社ですが、採用管理に問題を抱えていました。特に採用プロセスが遅れがちで、応募情報の管理がネックだったとのこと。採用管理の効率を図るため、Zohoリクルートを導入しました。操作がしやすく、手厚いサポートを受けられることが選んだ理由です。現在では求人掲載から応募者データまでを一括で管理できています。Zoho リクルートを導入したことにより、業務が簡素化・効率化されたおかげで採用業務が円滑に進むようになった事例です。

効率だけでなく安全性も確保

発達障害の方の方の就職支援や発達障害の子どもの支援をしているK社。関東に11ヶ所の拠点があり大人数千人、子ども千人ほどの会員が在籍。支援後の就職率が高く、会員が増加傾向にあります。そんなK社がZohoリクルートを導入したのは、会員データを安全に管理したいという思いからです。

導入当時は、「クラウドは危ない」「自社サーバーが安全」と言われたことも。しかしK社の代表S氏がアメリカで教育を受けたころは、クラウドサービスを使うのが当たり前だったそうです。中小企業だけでなく大企業もクラウドを使っていたのを目の当たりにしていたS氏は、安全性を知っていたとのこと。Zohoリクルートを選んだ理由は目的の即した機能があったことと、料金の安さです。項目の追加も可能で、直感的に操作しやすいというのも気に入っているポイントのひとつ。データが壊れるということもなく、大量の情報の中から必要な情報をピックアップできるので、業務効率も上昇したそうです。また細かい権限の設定ができるので、不必要な閲覧を防ぐことにも繋がっています。

クライアントへの対応が簡潔に

Zohoリクルートを導入することでクライアントへの対応が簡潔になったというM社。とても使いやすいので、入力作業も疲れないようです。採用担当が効率よく作業できるような機能が多くあるので、仕事効率も格段にアップ。またクラウドでデータを管理することで、利便性の恩恵も受けています。M社は、その利便性の高さからすべてのデータがクラウド上で管理されていくと予想しているそうです。

Zohoリクルートの詳細情報

主要機能

  • 採用サイトカスタマイズ
  • 求人広告投稿
  • データ分析
  • データ処理
  • 業務自動化

利用環境

  • [企業側]要問合せ
  • [応募者側]要問合せ

料金プラン

  • スタンダード:2,700円~(月額)
  • プロフェッショナル:5,400円~(月額)
  • エンタープライズ:8,100円(月額)

販売元

  • [会社名]ゾーホージャパン株式会社
  • [所在地]神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1みなとみらいセンタービル13F
  • [営業時間]要問合せ
  • [定休日]要問合せ