採用管理システム大全 » 採用活動を効率化する採用管理システムとは? » 面接日決定までのプロセスを短縮する仕組み

面接日決定までのプロセスを短縮する仕組み

面接実施までのプロセスを短縮する採用管理システム

システムを利用することでムダのない面接日時調整が可能

対面で行う通常の面接の場合、応募者1人ひとりの面接日を調整して、決定するにも時間がかかります。お互いの都合の良い日時を確認し、設定しても、都合が悪くなってしまったり、他の応募者とバッティングしてしまったりと、個別対応では面接日決定までかかる労力は相当なものです。

しかし、採用管理システムを使用した場合、企業側が面接可能日時をシステムに登録し、面接希望者側に開示することで、面接希望者側がその中から都合の良い日時を選択してくれるので、企業側が面接日時の調整で1人ひとりに連絡する手間が省けます。

また、面接の日時が確定した場合、システムが自動的にその面接日時の受付を不可にしてくれるので、面接日時のバッティングが発生するようなトラブルも起きません。

このように、面接日決定までのプロセスを大幅に短縮することができ、面接時間の決定・調整に人の手がかからないのが採用管理システムの面接管理に関する特徴です。

企業側・応募者側の双方にメリット

採用管理システムによっては、事前に面接枠を採用システム管理内で設定しておくことができるため、応募のタイミングで応募者に面接日時の決定を促すことができます。応募者に対して、メールやSMS、LINEなどを利用して面接の予約を促すサービスも持ち合わせているシステムもあります。

面接予約完了時と面接前日に、応募者宛に会場や日時を記載したメールを自動送信することで、面接への参加を促し、無断欠席を防ぐ効果があります。このようなサービスを利用することで、企業側が行ってきた面接日程の調整の手間を省くことができるうえ、応募者への対応漏れの防止にもつながるのです。

また、インターネット上のカレンダーと連携して日程調整が行われたり、応募者を事前にチェックしたり「注意を促したい応募者の検知」「優先的にみておきたい応募者の検知」などもできるシステムもあります。

このように採用管理システムを利用することで、応募者を一元管理することができ、 抜け漏れなく面接を進めることができるのです。当サイトでご紹介している採用管理システムは、このような仕組みで面接日までのプロセスを短縮する仕組みを採用しているものが多くあります。

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >