HITO Link

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 > HITO Link

HITO Linkの特徴

リクルートメントマーケティングを実践できる

売り手市場の拡大や候補者の価値観の変化により、企業を選ぶ基準は大きく変わりました。以前は企業のネームバリューや給料、終身雇用の安定性など「なるべく長く安心して働ける企業」が重宝されていたものの、現在は企業のビジョンやバリュー、事業内容や文化・風土に共感できるかという点が重要になっています。

これらを候補者に効果的に伝える施策のひとつに、「リクルートメントマーケティング」と呼ばれる採用におけるマーケティング理論があります。

候補者が企業を認知し、志望度を向上させ選考を行い、入社をするという一連の流れを企業が意識して作り上げることで、入社後の活躍を見込みやすくなります。これらをHITO Linkでは、採用管理ツール上で意識を醸成できる工夫がしてあるのです。

選考のプロセスデザインが可能

これまでは候補者に対して全員同じ選考フローが通常でした。しかしリクルートメントマーケティングを採用した場合、採用におけるプロセスが従来よりも増える傾向があります。なぜなら候補者のステータスを細かく管理することで、選考プロセスを精査しているためです。

したがってHITO Linkでは、CRMを活用し候補者の情報を蓄積・可視化していきます。情報を蓄積していくことで認知してもらう段階の細かなプロセス設計はもちろん、志望度向上のためのプロセスも検討しやすくなり、結果的に候補者にとって有益な情報展開が可能となります。

選考プロセスごとに分業が可能

リクルートメントマーケティングを採用する際の大きなメリットとして、採用プロセスの役割ごとにチーム化、さらには分業化できるという点が挙げられます。分業した結果、チームで候補者に対してアトラクト、すなわち魅力付けや動機付けを実施することができ、候補者をグリップしやすい環境設計が可能です。

採用の属人化を防ぐだけでなく、各工程のプロフェッショナルを育成できるため、全社で候補者のグリップを行いやすい環境を作ることが可能です。

スコアリングし候補者を優先順位付け

全ての工程のデータはHITO Link上に取り込まれていくため、HITO Linkでは常にデータ分析が行われています。候補者のナーチャリング状況を可視化することはもちろん、各候補者にとって適切な選考フェーズの接続タイミングの指示や振り返りや改善を、HITO Linkひとつで完結できる点は人事担当者にとって大きなメリットです。

またアクティビティログに基づきエンゲージ状況がスコアリングされるため、注力すべき候補者を洗い出せるようになります。継続的に機能は搭載予定なので、随時公式サイトなどを確認しておくと良いでしょう。

多様なサービスとの連携

HITO Linkは利便性を向上させるべく、GoogleカレンダーやOutlook/Office365など多くのサービスとつながっています。メールサーバーと連携することで、メール配信や面接ブースの予約が可能に。面接の調整にかかる手間と労力の大幅カットを実現しています。また、業界で初めてサイボウズガルーン/Officeと連携。連携サービスは今後も増えていく予定だそうです。

各プロセスを定期的に振りかえれる

HITO Linkはそれぞれのプロセスをリアルタイムに押さえられるKPIダッシュボート機能を搭載。これを利用すれば、募集から内定・承諾まで各プロセスの量と質を把握でき、定期的に採用活動のフィードバックが行え、よりスピーディーな業務を実現できます。詳細情報においては、各項目にカーソルを合わせるだけで確認が可能です。

マイページで学生との効率的なコミュニケーションが可能

各学生に与えられるマイページを通して、イベント予約やWeb履歴書の受付、合否通知などの連絡をスムーズに行えます。新卒を採用するまでのそれぞれの段階で必要になるほとんどのやりとりを自動化することで、学生とのコミュニケーションの効率化を実現しているのです。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

キャククルへのバナー

HITO Linkとその他のオンライン面接ツール・採用管理システムとの比較

  • WEB面接:×
  • WEBグループ面接:×
  • 求人媒体との連携:〇
  • スケジューラー連携:〇
  • CSVのインポート・エクスポート:〇
  • 料金:要問合せ

リクルートメントマーケティングは近年よく取り上げられているキーワードですが、リクルートメントマーケティングに基づいた採用管理ツールはHITO Linkだけと言っても過言ではありません。興味がある方は一度問い合わせしてみると良いでしょう。

HITO Linkの導入事例

Outlookとの自動連携機能で工数削減を実現

採用管理をExcel・紙媒体で行っていたものの、頻繁に抜け漏れが起きていました。また、選考のステップで滞留があり、応募者が選考の途中で離脱するという問題も。Outlookとの自動連携機能や柔軟なシステムにより、採用活動の効率化を実現しました。

パーソルテンプスタッフのRPOサービスとの連携を評価

採用規模の拡大により業務工数の増加が見込まれ、選考段階での移行率向上が問題にあがっていました。そこでHITO Linkを導入することに。各選考段階がリアルタイムで分かるダッシュボード機能や、グループ会社であるパーソルテンプスタッフが提供するサービスとの連携が高く評価されました。

新卒や中途など全ての採用においてHITO Linkを導入

中途採用・AP採用は紙媒体で管理していたためデータの蓄積が不可能でした。また、導入していた採用管理システムも使い勝手が悪いという問題が。ユーザー目線に立って設計されたインターフェイスで、直感的な操作が可能になりました。

HITO Linkの詳細情報

主要機能

  • ペルソナ・プロセス設計
  • タレントプール構築
  • ナーチャリング状況の観察
  • 選考フェーズの接続
  • 振り返り、改善
  • マーケティングオートメーション

利用環境

  • [企業側]要問合せ
  • [応募者側]要問合せ

料金プラン

  • 要問合せ

販売元

  • [会社名]パーソル プロセス&テクノロジー株式会社
  • [所在地]東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント7F
  • [営業時間]要問合せ
  • [定休日]要問合せ