【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » オンライン採用管理システムの選び方と賢い使い方

オンライン採用管理システムの選び方と賢い使い方

オンライン採用ツールには、応募から内定までの各プロセスにおいて、どのような効率化のしくみがあるのでしょうか。 どんなポイントに注意して採用ツールを選び、どう活用すればよいのかを解説していきます。

オンライン面接でよくある失敗や課題から学ぶツールの選び方

対面面接ではなかった思わぬトラブル

今や当たり前に行われるようになったオンライン面接ですが、まだまだ慣れていない企業や担当者もたくさん。特に、面接ツールの使い勝手がよくないと映像や音声がうまく出なくて手こずったり、思わぬ操作で社外秘資料を見せてしまったり…というトラブルも起こりえます。そんなトラブルを未然に防ぐためにはどうしたらよいか。ツールの選び方を含めた視点で解決法をご紹介します。

オンライン面接でよくある失敗や課題から学ぶ
ツールの選び方をもっと詳しく

応募から面接日決定までのプロセスを短縮する仕組み

データ管理や日程調整をまとめて自動化

採用業務は、さまざまな媒体から集まる応募者情報を集約し、面接のスケジュール調整、連絡、進捗管理するという細かな作業の積み重ねです。それらの情報をオンライン採用ツールがまとめて一元管理することで、各工程が自動化され、採用プロセスを短縮することができます。実際にどのような仕組みで短縮されるのか、また企業と応募者それぞれのメリットについてまとめました。

応募から面接日決定までのプロセスを短縮する
仕組みをもっと詳しく

面接から採用までのプロセスを短縮するオンライン面接の仕組み

オンライン面接によるメリットとデメリット

コロナ禍を機に普及し、もはや定着しつつあるオンライン面接。従来の対面面接とは違い、移動のための時間・費用がかからないためスケジュール調整が比較的容易である一方、相手が目の前にいないことで雰囲気がつかみづらいという難点も…。これらオンライン面接のメリットとデメリット、あわせて欠点を補うツールの機能についてもご紹介します。

面接から採用までのプロセスを短縮する
オンライン面接の仕組みをもっと詳しく

求人媒体を含む、応募者情報を一元管理する仕組み

採用ツールの持つ外部連携機能をチェック

複数の求人媒体に募集を載せた際、各媒体からの応募に対してバラバラにやり取りや進捗管理をしていると、作業が煩雑になり連絡ミスや対応漏れにつながるおそれがあります。オンライン採用ツールの外部連携機能を使えば、複数媒体の応募者情報をシステム上に自動で取り込むことが可能に。手作業を減らし、作業効率を向上させることで生まれる新たなメリットについてもご紹介します。

求人媒体を含む、応募者情報を一元管理する
仕組みをもっと詳しく

オンライン採用を最適化するには

採用活動を最適化するPDCAサイクル

オンライン採用ツールで業務を効率化できたら、次は採用活動のブラッシュアップです。ツールに残された数字をもとに改善点を洗い出し、自社にとってより適切な採用のプロセスを見つけましょう。また、ツールに付随する診断機能を使うことで、応募者の評価をより客観的に定量化することが可能に。対応優先度の基準ができるため、大人数の応募にも質を落とすことなく対応できます。

オンライン採用を最適化するにはどうすればよいかを
もっと詳し

RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが無料相談で人事全般の課題・悩みについて的確なアドバイスを実施します。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る