Microsoft Teams

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 新卒採用に活用できる無料のオンライン面接ツール > Microsoft Teams

そもそも Microsoft Teamsとはどのようなシステムか

Microsoft Teamsはマイクロソフト社が提供するビジネス向けチャットツールです。

WEB会議システムとして求められる録画・録音や画面共有といった機能が使用できる、同時接続人数が250人まで可能など、無料ツールとしては非常に優秀な仕様となっています。

また、マイクロソフト社が提供しているため、Office365の各種サービスとの連携機能も充実しています。上手く活用ができれば、採用フロー管理の効率化に大きく役立ってくれるツールだといえるでしょう。

Microsoft Teamsの基本的な仕様

  • 料金プラン:無料(有料プランあり)
  • 接続の安定性:良
  • 参加人数の制限:250人
  • アカウントの制作:有
  • 事前準備:無
  • 録画・録音機能:有
  • メモやホワイトボードの共有:有
  • 画面共有:有

Microsoft Teamsを使用したオンライン面接 企業側のメリット・デメリット

Microsoft Teamsのメリット

無料プランでも機能が充実

Microsoft Teamsの特徴は、無料プランでも充実した機能面です。画面録画・録音やメモの共有、画面共有といったオンライン面接ツールとして求められる基本機能が備わっています。また、マイクロソフト製の強みとして、Office365の各種サービスとの連携がスムーズというメリットがあります。特に応募者をExcelで管理している企業ならば、より利便性が高い使い方ができるでしょう。

さらに30以上の言語の翻訳機能が搭載されたチャット、Boxとの連携、文書管理の機能など、その他の機能も非常に充実しています。

わかりやすいUIで誰でも使用しやすい

Microsoft Teamsはチャットをベースとしたツール。シンプルなUIのため、オンライン面接になれていない面接官や学生でも、すぐに使いこなすことができます。多彩な機能を使いこなすためにはある程度の知識が必要ですが、管理側で設定をしておけば、問題なく使えるでしょう。

Microsoft Teamsのデメリット

明確なマニュアルがないため独学で覚える必要がある

Microsoft Teamsは明確なマニュアルが用意されていないため、各種機能を使用していて疑問に感じた部分はマイクロソフトのサイト内で検索していくこととなります。ある程度の知識がある者が1人でもいれば問題ないのですが、まったく始めてオンライン面接ツールを導入する場合、多機能だからこそわかりにくい部分が出てくる可能性が高いです。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

記事協力

株式会社テガラミル/人材コンサルタント 竹内不二

株式会社テガラミル/
人材コンサルタント

竹内不二

株式会社リクルートHRマーケティング(現 株式会社リクルートジョブズ) 、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(現 合同会社)を経て、現在は株式会社テガラミルにて新卒採用コンサルタントとして活躍。

withコロナ以前よりオンライン面接の導入を企業に提案しており、そのメリット・デメリットから企業が陥りがちなポイントまで熟知。何のためにオンライン面接、オンライン採用を取り入れるのかを自覚させ、企業によって適切なアドバイスを行う。

オンライン面接ツールの
選び方を無料相談する