オンライン面接でよくある失敗

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 採用活動を効率化する採用管理システムとは? > オンライン面接でよくある失敗

オンライン面接でのよくある失敗

オンライン面接ツールを導入する際は、まずオンライン面接でありがちな失敗やリスクについて把握しておきましょう。その上で、自社ニーズとの適合性を考えることが重要です。

通信トラブルによる失敗

オンライン面接で心配される失敗事例の1つが、通信環境や通信機器のエラーによる通信トラブルです。インターネットへ接続できる環境とマイクやカメラなど機器があれば、離れている場所からでも面接を行えることが、オンライン面接の強みといえるでしょう。しかし、採用者と求職者のどちらか一方でも通信トラブルが発生すると、適切なリモート環境を維持することが困難になります。

面接前に自社だけでなく、候補者の通信環境も確認しておきましょう。また、面接の途中で通信トラブルが発生した場合にどうするのか、ルールを定めておくようにしてください。

機器のレベルによる会話の失敗

マイクやカメラなど使用機器の性能が低いと、インターネットの通信環境が良くても面接が困難になることがあります。何度も同じことを聞き返し、会話が中断すれば、候補者が企業に対して不信感を抱き、入社を辞退してしまうかもしれません。候補者に不安を抱かせない面接を実施するためにも、設備に配慮する必要があることを念頭に置いておきましょう。

想定外の事態に対応しきれない

オンライン面接では、互いに対面していない環境で面接を進めるからこそ、思いがけない問題やトラブルが発生することもあります。

まずは面接の最初から終了まで、ルール化して順序を定めておきましょう。その上で、イレギュラーな状況になった際の対処法を考える必要があります。どのような手順で解決すべきかを具体的にイメージし、事前に準備しておくことが大切です。

面接時のカンニングや不正

オンライン面接時に、テストを実施する場合は注意する必要があります。

オンライン面接において採用者が確認できる映像は、ウェブカメラによって撮影されている範囲だけです。カメラが映し出している範囲の外にある人やものについて、採用者側では確認することができません。

候補者が不正を行う可能性があることも考慮する必要があります。事前に回答が準備できないような質問を用意しておきましょう。また採用者自身が、常に緊張感を持って候補者と接することが大切です。

ツールを十分に活用できない

オンライン面接ツールには、製品ごとに様々な機能や特徴があります。機能が多すぎる・扱いに慣れていないなどの理由で、ツールを十分に活用できないことも…。ツールを適切に活用するためには、製品ごとの特性を把握しておく必要があります。

「導入したオンライン面接ツールに、必要な機能が揃っていなかった」とならないためにも、自社が求める機能を事前に考えておくことをおすすめします。

機能の比較検討とニーズの把握が必要

オンライン面接を導入する際、まず自社ニーズと環境を適切に理解した上で、必要な機能を備えたオンライン面接ツールを選択することが大切です。もしもニーズに合わないツールを導入してしまった場合、不要なコストがかかるだけでなく、採用活動の質そのものが低下します。初めてオンライン面接ツールを導入する際は、メーカーの担当者だけでなく人材コンサルタントをはじめとする専門家にも相談しましょう。後悔しないように、どのようなツールが最適なのか十分に比較し、導入することをおすすめします。