HR Analyst人材分析

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 > HR Analyst人材分析

HR Analyst人材分析の特徴

カスタマイズされた採用を実現

候補者にはそれぞれ傾向があり、同じように入社する場合でもどのような点がフックとなっているのかは候補者ごとに異なります。もしもフックとなる部分を面接前に把握することができれば、候補者に適した面接が実施できると思いませんか?HR Analyst人材分析は候補者ごとにカスタマイズされた採用を実現するために、候補者に配布するアンケートで面接前に傾向を読み取ります。

面接開始前の10分間を利用し、候補者はアンケートに答えます。アンケートの結果を以て、候補者を8タイプに分類し、タイプ別の特徴人柄、行動特性を面接前に出力することが可能です。

自社社員にもアンケート可能

候補者の特性を知ることはもちろん、自社で働く社員の特性を知ることも重要です。候補者とのマッチングはもちろん、社員への情報収集を行うことで自社の特性を把握することができます。

社員には簡易的なアンケートを実施します。この情報により候補者との類似性が高い社員や、相性が合わない社員を見つけることができます。

面接の場は、素敵な候補者であるほど入社してほしいと思うものです。しかし限られた時間や場所、面接官という条件の中では、候補者に適した人材を当てるという点が非常に重要になります。したがって面接をアサインする社員情報が多ければ多いほど、人事担当者は候補者の志望確度を高めることができる可能性が高くなるのです。

口説きノウハウを蓄積できる

HR Analyst人材分析最大の特徴は、人事向けではなく面接官に焦点を当てたツールであることです。そのため面接官にとって有用な情報を蓄積していくことが可能です。

アンケートを活用したデータ分析を活かし、候補者ごとにパーソナライズされた採用設計の元、どのような面接や面談が実施されたかを情報として残していきます。これによりどのような話題が候補者に刺さったのか、どのようなキーワードで自社に興味を持つ、もしくは興味が減退していったのかを的確にキャッチアップできます。

面接官はこのデータを元に、面接・面談ごとに自身の質問や会話をブラッシュアップすることによって、候補者が興味を持ちやすい時間を作ることができるのです。

万全のセキュリティ

個人情報を扱うツールであるがゆえに、セキュリティは大きなネックとなるでしょう。HR Analyst人材分析の場合、常にSSL化された通信を使用しているため、通信内容の漏洩やデータ改ざんを防ぐことが可能です。

また、アクセス元IPを制限することができます。すなわち外部ネットワークからのアクセスを制限することにより、第三者のアクセスを制限することが可能です。これにより、強固なセキュリティを実現することが可能です。

採用に関わるツールはセキュリティ面を重視する担当者も多いでしょう。開発・提供以外の運営部分で人材大手であるパーソルキャリア株式会社が関わっていることもあり、安心して活用することが可能です。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

キャククルへのバナー

HR Analyst人材分析とその他のオンライン面接ツール・採用管理システムとの比較

WEB面接:×
WEBグループ面接:×
求人媒体との連携:×
スケジューラー連携:×
CSVのインポート・エクスポート:要問合せ
料金:要問合せ

人事担当者向けではなく、面接官向けという点が他のツールとは大きく異なる部分です。同様のサービスを探しても現時点ではまだ存在せず、面接官向けに改良を加えていきたい企業はHR Analyst人材分析一択で利用するべきと言えるでしょう。

HR Analyst人材分析の導入事例

内定辞退率改善に成功

人事担当者が少人数だと、面接調整だけで手いっぱいになるケースも少なくありません。新卒採用において人事担当者は調整業務に追われ、面談のやり方は現場任せになっていました。その結果内定者8名に対して6名が内定辞退するという事態が起こりました。

この事態を改善するために導入したのがHR Analyst人材分析です。学生の意思決定のポイントに合わせて面接官に面談指示書を提示し、その指示通りに面談を行ってもらったところ、6名の内定承諾に対して1名のみ辞退という結果に大幅改善することができました。

HR Analyst人材分析を通じて面接官の傾向も知ることができるようになったため、候補者に適した人物をアサインできるようになったのも大きなポイントです。
参考元:boater、内定承諾率が3倍に。 口説ける人材分析のHRアナリスト(https://boater.jp/article/723/)

内定承諾率が10%UP

内定承諾率を上げるためにHR Analyst人材分析を導入しました。以前は候補者との面談で自社の魅力を伝えられているか不安でしたが、アンケートで候補者を分析したデータをもとに対策を練ることができるため自信をもって面談に臨むことができています。

そうした面接官の雰囲気が伝わったのか、導入前の年度より内定承諾率が10%上昇。即答で内定を承諾してくれるケースが増えた印象です。

採用時だけでなく、普段の組織作りにも活用の幅を広げられると感じています。社員全員の特性を把握できるので、適切なチーム編成や人員配置に活かしていきたいです。

HR Analyst人材分析の詳細情報

主要機能

人材分析

利用環境

  • [企業側]PC(ブラウザ)
  • [応募者側]要問合せ

料金プラン

販売元

  • [会社名]シングラー株式会社
  • [所在地]東京都港区東新橋2丁目7-3 BIZMARKS新橋汐留2F
  • [営業時間]要問合せ
  • [定休日]要問合せ