Google Meet(旧ハングアウト)

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 新卒採用に活用できる無料のオンライン面接ツール > Google Meet(旧ハングアウト)

そもそもGoogle Meetとはどのようなシステムか

Google Hangouts(ハングアウト)の名称が変更されたことはご存知でしょうか?現在はGoogle Meetという名前で使用が可能です。

Google Meetは、Googleが提供するメッセージアプリです。Gmailがあれば誰もが作成することができ、事前にアプリをダウンロードすることで簡単に利用することが可能です。

iPhoneやandroidといったスマートフォンはもちろん、パソコンからも簡単に利用することが可能です。ビデオ通話はもちろん、音声通話やテキストメッセージの送信など、アプリケーション1つで多くのことが可能となります。

写真はもちろん、動画の送付もGoogle Meet上で可能なため、非常に手軽なサービスと言えるでしょう。Google版のLINEのような感覚で利用することが可能です。

Google Meet(旧ハングアウト)の基本的な仕様

  • 料金プラン:無料
  • 接続の安定性:△
  • 参加人数の制限:10人(ビデオ通話の場合)
  • アカウントの制作:有(Gmailアドレスが必要)
  • 事前準備:有(アプリダウンロード)
  • 録画・録音機能:無
  • メモやホワイトボードの共有:無
  • 画面共有:不可

Google Meetを使用したオンライン面接 企業側のメリット・デメリット

Google Meetのメリット

GmailアドレスがあればOK

Gmailアドレスに紐づくGoogle Meetのアカウントは、Gmailアドレスの数だけ複数作成することが可能です。

Gmailアドレス自体は簡単に数を増やすことができるため、「採用担当ごとにアカウントを分けたい」「学生のタイプによってアカウントを分けたい」など、アカウントを分けるニーズがある採用担当者にとっては有難いのではないでしょうか。

アカウントの複数作成は認められていない場合が多く、非常に珍しいと言えます。

チャットなど、その他の機能を使用可能

「Web通話はしたことないけど、Google Meetのチャットは良く活用してる」という方はいらっしゃいませんか?Gmailのホーム画面で簡単にチャットタブを引き出すことができるため、無意識のうちにGoogle Meetのチャット機能を活用している場合があります。

実はチャット欄から発信することも可能なため、好きなタイミングで簡単に発信できるという点もメリットと言えます。

Google Meetのデメリット

通信回線が安定しにくい

1つのアプリケーションに多くの機能が搭載されているためか、比較的に通信量を多く使用します。そのため通信環境の影響を受けやすく、場合によっては映像が乱れることがあるでしょう。

また、アプリケーション自体の容量も大きく、ダウンロードにやや時間を要します。そのため急に「Google Meetを使用します」と言うと、環境設定を整えるまでに時間が掛かってしまうので注意が必要です。

必ず事前のダウンロード、またダウンロードの所要時間を伝えるようにしましょう。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

Google Meetを導入するための手順

Googleの付帯機能でありながら、あまり使用経験が多くない方が多いのが特徴的なため、導入方法を丁寧に見ていきましょう。

PCの場合

Googleのアカウントを発行する

まず必要となるのは、Googleのアカウントを発行することです。既にアカウントをお持ちの場合、右上の四角がたくさんあるアイコンをクリックすると、Google上で使用できるアプリが登場します。その中から「アカウント」を選択しましょう。

アカウントをクリックすると、左側の項目の「ホーム」の部分を押します。すると「Googleアカウントを作成」という文言が登場します。アカウント作成ページに飛ぶと、名前やユーザー名、パスワードを入力する画面に遷移するため、入力を行います。

その後画面の指示通りに電話番号やパスコード、再設定用のメールアドレスの入力が求められるため、順を追って対応していきましょう。

ログインを行う

URLが発行されている場合、URLから直接アクセスすることでログインできます。

URLを発行する側の場合、Googleカレンダーを使用していたら、予定入力画面からすぐにIDを発行できます。Googleカレンダーを使用していない場合は、右上の四角がたくさんあるアイコンをクリックし、「Google Meet」を選択してスケジュールを発行しましょう。

スマートフォンやiPadの場合

Googleアカウントを発行していない場合は先に発行を

もしもGoogleアカウントを発行していない場合は、ブラウザから先のPCの手順と同様に、アカウント発行を行います。

スマートフォンやiPhoneであってもGoogleへのログインは必須となるため、先にアカウント取得を行うのがスムーズです。

まずはアプリをダウンロード

スマートフォンやiPadを使用する場合、アプリのダウンロードが必要です。アプリの検索画面より、「Hangouts Meet by Google」を選びましょう。

このアプリが非常に重く、Wi-Fi環境にもよりますが、ダウンロードに多大な時間が必要となります。可能であれば前日、当日の場合は少なくとも数時間前にダウンロードを開始するようにしておきましょう。

ダウンロードされたら、アプリを起動する

ダウンロードが完了したら、実際にアプリを起動させてみましょう。まず「Meetへようこそ」という画面の下に「続行」という文字が表示されることから、続行を押します。そしてマイクやカメラの使用を許可します。

ログインボタンを押すと、Googleのメールアドレスの選択が迫られるので、ログインしているGoogleアカウントを選択しましょう。これでログインが完了します。

事前にGoogleアカウントが必要

Google Meetを使用する場合、事前にGoogleアカウントを共有しておけばもしもURLにアクセスできない場合にも、スムーズに対応できます。

URL発行やURLへのログインに不安がない場合には問題ありませんが、万が一に備え当日ログイン予定のアカウントを共有しておくことをオススメします。

Google Meetを利用したオンライン面接で心がけるべきこと

資料のやり取りは事前に完了させる

写真や動画の共有は通話中も可能なGoogle Meetですが、ファイルの共有はできません。

可能な写真や動画も、通信に大きく影響を及ぼす可能性が高いため、事前にメールなどで送付し合えると良いでしょう。通話中は通話に集中できる環境づくりが大切です。

複数名参加の場合は人数に配慮を

ビデオ通話の場合、最大10名が参加することができるものの、どうしても通信回線が重くなってしまうという難点があります。

そのため大人数が参加する場合は、事前にwi-fi環境下への移動や、ネットワークの有線接続などを推奨しておくと安心です。

記事協力

株式会社テガラミル/人材コンサルタント 竹内不二

株式会社テガラミル/
人材コンサルタント

竹内不二

株式会社リクルートHRマーケティング(現 株式会社リクルートジョブズ) 、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(現 合同会社)を経て、現在は株式会社テガラミルにて新卒採用コンサルタントとして活躍。

withコロナ以前よりオンライン面接の導入を企業に提案しており、そのメリット・デメリットから企業が陥りがちなポイントまで熟知。何のためにオンライン面接、オンライン採用を取り入れるのかを自覚させ、企業によって適切なアドバイスを行う。

オンライン面接ツールの
選び方を無料相談する