【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » 採用に活用できるオンライン会議ツール » Google Meet

Google Meet

そもそもGoogle Meetとはどのようなシステムか

Google Hangouts(ハングアウト)の名称が変更されたことはご存知でしょうか?現在はGoogle Meetという名前で使用が可能です。

Google Meetは、Googleが提供するビデオ会議ツールです。Gmailがあれば誰もが会議用のURLを作成することができ、簡単に利用することが可能です。

iPhoneやAndroidといったスマートフォンはもちろん、パソコンからも簡単に利用することが可能です。ビデオ通話はもちろん、音声通話やテキストメッセージの送信など、アプリケーション1つで多くのことが可能となります。

写真はもちろん、動画の送付もGoogle Meet上で可能なため、非常に手軽なサービスと言えるでしょう。Google版のLINEのような感覚で利用することが可能です。

Google Meetの基本的な仕様

Google Meetを使用したオンライン面接 企業側のメリット・デメリット

Google Meetのメリット

GmailアドレスがあればOK

Gmailアドレスに紐づくGoogle Meetのアカウントは、Gmailアドレスの数だけ複数作成することが可能です。

Gmailアドレス自体は簡単に数を増やすことができるため、「採用担当ごとにアカウントを分けたい」「学生のタイプによってアカウントを分けたい」など、アカウントを分けるニーズがある採用担当者にとっては有難いのではないでしょうか。

アカウントの複数作成は認められていない場合が多く、非常に珍しいと言えます。

チャットなど、その他の機能を使用可能

「Web通話はしたことないけど、Google Meetのチャットは良く活用してる」という方はいらっしゃいませんか?Gmailのホーム画面で簡単にチャットタブを引き出すことができるため、無意識のうちにGoogle Meetのチャット機能を活用している場合があります。

実はチャット欄から発信することも可能なため、好きなタイミングで簡単に発信できるという点もメリットと言えます。

Google Meetのデメリット

通信回線が安定しにくい

1つのアプリケーションに多くの機能が搭載されているためか、比較的に通信量を多く使用します。そのため通信環境の影響を受けやすく、場合によっては映像が乱れることがあるでしょう。

また、アプリケーション自体の容量も大きく、ダウンロードにやや時間を要します。そのため急に「Google Meetを使用します」と言うと、環境設定を整えるまでに時間が掛かってしまうので注意が必要です。

必ず事前のダウンロード、またダウンロードの所要時間を伝えるようにしましょう。

まとめ

「Google Meet」は、Google社が提供しているオンライン会議ツールとして、世界中で利用者の多いシステムです。Gmailアドレスを持っているユーザーであれば無料で利用できる上、ビデオ通話も100人まで行えるので、オンライン面接ツールとしても活用できます。

また、Gmailアドレスの数に応じてアカウントを作成できるので、採用担当者や管理内容ごとに使い分けることも可能です。

ただし、Googleアカウントが必須であったり、資料などのデータファイル事前に交換しておかなければならなかったりと、前もっての準備が大切なことを理解しておきましょう。

ツールは機能より使い方が大切!

Google Meetのように、誰でも気軽に使いやすい反面、通信回線の問題や事前準備の必要性など、色々と配慮しなければならないオンライン面接ツールは、システム上のメリットこそ優れていても、実際の採用活動で適切な使い方をできなければ導入する意味がありません。

そのため、まずはコンサルタントへ相談して、そもそもどのようなツールが自社の採用活動や利用ニーズに適しているのか、きちんと把握しておくことが重要です。

Google Meetを導入するための手順

Googleの付帯機能でありながら、あまり使用経験が多くない方が多いのが特徴的なため、導入方法を丁寧に見ていきましょう。

PCの場合

Googleのアカウントを発行する

まず必要となるのは、Googleのアカウントを発行することです。既にアカウントをお持ちの場合、右上の四角がたくさんあるアイコンをクリックすると、Google上で使用できるアプリが登場します。その中から「アカウント」を選択しましょう。

アカウントをクリックすると、左側の項目の「ホーム」の部分を押します。すると「Googleアカウントを作成」という文言が登場します。アカウント作成ページに飛ぶと、名前やユーザー名、パスワードを入力する画面に遷移するため、入力を行います。

その後画面の指示通りに電話番号やパスコード、再設定用のメールアドレスの入力が求められるため、順を追って対応していきましょう。

ログインを行う

URLが発行されている場合、URLから直接アクセスすることでログインできます。

URLを発行する側の場合、Googleカレンダーを使用していたら、予定入力画面からすぐにIDを発行できます。Googleカレンダーを使用していない場合は、右上の四角がたくさんあるアイコンをクリックし、「Google Meet」を選択してスケジュールを発行しましょう。

スマートフォンやiPadの場合

Googleアカウントを発行していない場合は先に発行を

もしもGoogleアカウントを発行していない場合は、ブラウザから先のPCの手順と同様に、アカウント発行を行います。

スマートフォンやiPhoneであってもGoogleへのログインは必須となるため、先にアカウント取得を行うのがスムーズです。

まずはアプリをダウンロード

スマートフォンやiPadを使用する場合、アプリのダウンロードが必要です。アプリの検索画面より、「Hangouts Meet by Google」を選びましょう。

このアプリが非常に重く、Wi-Fi環境にもよりますが、ダウンロードに多大な時間が必要となります。可能であれば前日、当日の場合は少なくとも数時間前にダウンロードを開始するようにしておきましょう。

ダウンロードされたら、アプリを起動する

ダウンロードが完了したら、実際にアプリを起動させてみましょう。まず「Meetへようこそ」という画面の下に「続行」という文字が表示されることから、続行を押します。そしてマイクやカメラの使用を許可します。

ログインボタンを押すと、Googleのメールアドレスの選択が迫られるので、ログインしているGoogleアカウントを選択しましょう。これでログインが完了します。

事前にGoogleアカウントが必要

Google Meetを使用する場合、事前にGoogleアカウントを共有しておけばもしもURLにアクセスできない場合にも、スムーズに対応できます。

URL発行やURLへのログインに不安がない場合には問題ありませんが、万が一に備え当日ログイン予定のアカウントを共有しておくことをオススメします。

Google Meetを利用したオンライン面接で心がけるべきこと

資料のやり取りは事前に完了させる

写真や動画の共有は通話中も可能なGoogle Meetですが、ファイルの共有はできません。

可能な写真や動画も、通信に大きく影響を及ぼす可能性が高いため、事前にメールなどで送付し合えると良いでしょう。通話中は通話に集中できる環境づくりが大切です。

複数名参加の場合は人数に配慮を

ビデオ通話の場合、最大10名が参加することができるものの、どうしても通信回線が重くなってしまうという難点があります。

そのため大人数が参加する場合は、事前にwi-fi環境下への移動や、ネットワークの有線接続などを推奨しておくと安心です。

RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
こんな
企業・
採用
向け
小~中規模以上の企業
<新卒・中途>
大量エントリー&面接を行う大企業
<新卒・中途>
中途採用を大量に行う企業
<中途>
無料
トライアル
4ヶ月
(最初の1ヶ月は面接官サポートあり
要問合せ 要問合せ
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが開発&コンサル、自社のフェイズや要望に合ったプログラムへのカスタマイズに対応。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
そのほかの
特徴
  • 採用サイト制作も可。面接官サポート、経験豊富なプロによる人事コンサルティングが受けられ、採用人事のスキルアップが図れる。
  • 面接・選考に特化したツールだが、外部の採用管理システム「Talentio」と連携することで、応募者の一元管理も可能になる。
  • 採用サイト作成も可、専任担当者が1社につき1名つく。応募者データの登録数、アカウントの作成数による制限/課金がない。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る