ジョブカン

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 > ジョブカン

ジョブカンの特徴

使うだけですぐに効果を実感

ジョブカンの採用管理は「すべてが一目でわかる」ことが特徴です。複雑さが軽減されるため使い始めると工数が大幅に削減でき、使うだけですぐに効果を実感できます。求人管理や候補者管理は応募数・ステータスごとの人数・前ステップ時の情報が表示され、進捗状況を一目で確認可能。

採用候補者ごとに次のタスクが自動で表示されるため、候補者への対応漏れ、連絡遅れによる候補者の辞退を減らせます。また、使用媒体や人材派遣会社や面接官による採用効果を自動で分析するため、分析時間が短縮。使うだけですぐに効果を実感できます。

プラン自動変更で無駄な費用がない

ジョブカンの導入プランはFREEプラン・LITEプラン・STANDARDプランの3つ。このうち、採用候補者30人以上に対応しているLITEプラン・STANDARDプランは料金によって対応できる人数が異なります。

月ごとに採用候補者の人数にばらつきがあるため固定プランの場合費用の無駄が発生。結果的にコスパが悪くなってしまいます。ジョブカンのシステムは、採用候補者の登録人数によってプランを自動変更してもらえるのが特徴。候補者の少ない月はかかるコストが少なく、高いコスパを発揮します。

たくさんの企業に導入され受賞歴も多数

ジョブカンの採用管理は分かりやすく誰でも使えるため、導入している企業は1000社以上。業務量や採用コストなどこれまで多くの企業の人事が抱える課題を解決してきた実績があります。充実した機能を手ごろな価格で提供できるのはNo.1勤怠管理サービス「ジョブカン勤怠管理」の姉妹サービスだからこそです。

その徹底した機能性で「経済産業省後援第2回HRテクノロジー大賞奨励賞」や「ITトレンド2017年上半期採用管理・選考管理システムランキング1位」「日本の人事部 HRアワード2017 入賞」などを受賞。信頼できるサービスを提供しています。

部門ごとの連携不備を解消して採用活動の大幅な効率化に成功

ウェディング系メディアを運営しているA社。ジョブカン採用管理を導入するまでは、エクセルやスプレッドシートを用いて管理を行っていました。しかし部署ごとに候補者の管理方法が異なり情報の共有がうまくいかず、応募者への対応管理に膨大な時間を費やすことに。これがジョブカンを導入するきっかけとなりました。

システム導入後は社内外との連絡がスムーズになり、進捗管理がとても楽に。求人エージェントとのやり取りの一括化で、無駄な工数の削減に成功しました。また、候補者のアクションを分析し、進捗が滞っていたらプッシュすることも可能。採用活動がかなり効率的になりました。

コミュニケーションがとりやすく社員の発言が活発に

利用者に創作活動の場を提供する事業を行っているB社。システム導入前は採用活動は各フローごとに別の人が担当し、業務の連携に複数のチャットツールを利用するという非常に効率の悪い採用フローでした。

当時の採用フローではミスや抜け漏れが発生し、早急な問題解決が必要に。他のIT企業が導入しているのを知っていたため、ジョブカン採用管理の導入を決意したそうです。導入後はジョブカンでコミュニケーションが取れるため、情報共有がスムーズに。さらに社員の発言が活発になり、問題点や改善点の把握がしやすくなったという効果も見られました。

基本料金が無料

バイオグラフはサービス基本利用料が無料です。登録費用や月額費用も不要で利用できますが、オンライン面接を録画することができる録画機能やシステムのカスタマイズは有料で提供しています。

無料で1ヵ月お試しが可能

採用管理ツールをお試しできる企業は実は多くありません。しかしジョブカンは、何と無料で1ヵ月お試し利用が可能となっています。実際の使用感を確認するために無料期間は非常に有難いと言えるでしょう。

無料期間中は必要最低限でも構わないものの、まずは必要データを入力してみることをオススメします。実際の選考フローに乗せて確認をしていくことで、機能の有無の確認や選考フローにおいてあったら便利な情報を確認することが可能です。

また、実際に使用するメンバーを登録しておくことで、簡単に利用ができるようになります。人事担当者はもちろんですが、使用には現場の声も非常に重要です。バランス良い使用を意識しましょう。

slackとの連動が可能

社内のコミュニケーションツールとしてslackを活用している企業は多いのではないでしょうか。近年候補者との連絡ツールとしてLINEとの連携を行なっている採用管理ツールは多数見かけますが、slackとの連携ができる採用管理ツールはジョブカンだけではないでしょうか。

面接官に設定された場合や、新規求人が登録された場合など、絶対に見逃して欲しくない情報をslackで通知することで、面接官との情報共有が容易になります。

これまで全てメール通知だったものを、互いのコミュニケーション負担軽減という観点からチャットツールを活用してみてはいかがでしょうか。

ジョブカンの他のシリーズとの統合も簡単

ジョブカンは採用管理だけでなく、勤怠管理もあります。まとめて自社で導入することで、候補者が内定承諾した後に社員登録や勤怠登録を簡単にすることが可能です。

候補者が承諾した際に保管しておく必要がある内定承諾書や提出された履歴書は、必要に応じて人事担当者がツールの移し替えを行なっている場合がほとんどです。しかしこれらは採用時と同様の手間を繰り返すため、無駄な作業だと感じている人事担当者は少なくありません。

ジョブカン導入時に労務管理も見直す事で、今後入社後のフローまで大幅に改善することを目指してみてはいかがでしょうか。

ホームページ解析のような機能を網羅

求人ページをジョブカン上で作成すれば、まるでホームページのような機能性を備えることができます。SEO対策を行い、注力キーワードに特化できるような仕組み作りも可能です。

ホームページを作成するには労力が掛かってしまうほか、アクセス解析は知識が必要なため個人で運用を進めるのは難しいです。しかしジョブカン上で全て対応できるため、余計な負荷がかからない点は大きな魅力と言えるでしょう。

また、スマートフォンにも最適化しているほか、動画対応も可能なため、ジョブカンひとつで全て賄うことが可能です。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

キャククルへのバナー

ジョブカンとその他のオンライン面接ツール・採用管理システムとの比較

  • WEB面接:×
  • WEBグループ面接:×
  • 求人媒体との連携:〇
  • スケジューラー連携:〇
  • CSVのインポート・エクスポート:要問合せ
  • 料金:8,500円~

人数で利用単価が決まるため、登録数ごとに料金が変わる設定になっています。候補者登録数は月単位で計算されているため、毎月増える人数によって単価を計算していく仕組みです。月に増える人数が分からない場合よりも、月に増える人数が見える企業が向いているでしょう。

ジョブカンの導入事例

アナログな手法からの脱却

私が入社した当初は応募者情報すら蓄積されていない状態でした。まずはExcelに候補者情報を残すことから意識付けを始めたものの、候補者人数が増えるほどにマンパワーに限界を感じるようになりました。そこで導入したのがジョブカンです。

ジョブカンは毎月増える人数ごとに料金が決まるため、料金を無駄にすることがありません。また、トライアル期間中に初期設定を完結できる点も魅力だと感じました。現場社員が使いこなせるかという不安もややありましたが、基本的には「見れば分かる」シンプルな画面だったのは有難かったです。エージェントとも電話ではなくメールでやり取りできるようになったのも非常に助かっています。

参考元:ジョブカン公式サイト(https://ats.jobcan.ne.jp/case/associeinternational/)

手間を削減し効率的な採用を実現

これまでは各求人媒体へ直接ログインし、それぞれの媒体から直接候補者と連絡を取っていました。しかしこれでは大きな手間が掛かるほか、候補者とのコミュニケーションも煩雑になってしまうだけでなく、採用の全体像を把握するのにとても苦労していました。

ジョブカンは求人媒体へ依存しない点が魅力的でした。様々なポジションを募集しているため、場合によっては求人媒体を閉じる可能性も0ではありません。だからこそ、求人媒体に依存するシステムを利用するのは難しいと感じていたのです。また、Indeedとの無料連携で掲載場所を増やせるのは大きな魅力でした。

最近では常にジョブカンを開いて仕事をしているほど、欠かせない存在になっています。

参考元:ジョブカン公式サイト(https://ats.jobcan.ne.jp/case/travelex/)

ジョブカンでペーパーレスを実現

これまで履歴書などは全て印刷し担当者へ渡していました。この工数を削減したかったので、ペーパーレス化を目指してジョブカンの運用を開始しました。ただ、いきなり紙から採用管理ツールへ移行するのは難易度が高いと判断し、ジョブカンの前にメールで送付するというフローを構築してからペーパーレス化を実現しました。

多岐に渡る部署や店舗で採用を行っているため、これまで採用状況を把握しにくいという難点があったのですが、ジョブカンを導入してからはどの部署や店舗に課題があるのかを可視化できるようになりました。各所とコミュニケーションを取りやすくなったのは嬉しいです。

参考元:ジョブカン公式サイト(https://ats.jobcan.ne.jp/case/lawson/)

効果的なダイレクトリクルーティングの運用が可能に

50名規模の会社ながら約26職種を募集していることもあり、ダイレクトリクルーティングに時間が掛かっていました。加えてリファラル採用が月に数名発生するため、その人たちはSalesforceで管理していました。進捗管理はChatterで行っていたこともあり、色々な情報が点在していました。

ジョブカンを導入してからは、特に混乱なく利用を開始できました。細かな調整もジョブカン上で完結できるようになったため、毎日の作業工数を数時間程度減らせるようになったのはとても有難いです。また、採用効率もアップしたので非常に助かっています。

参考元:ジョブカン公式サイト(https://ats.jobcan.ne.jp/case/holmes/)

ジョブカンの詳細情報

主要機能

  • 応募者獲得
  • 候補者管理
  • 選考実施
  • 採用活動効果分析

利用環境

  • [企業側]PC(ブラウザ)
  • [応募者側]PC(ブラウザ)

料金プラン

  • 候補者登録が 50名以下の月
    LITEプラン:8,500円/月
    STANDARDプラン:30,000円/月
  • 51~150名の月
    LITEプラン:30,000円/月
    STANDARDプラン:30,000円/月
  • 151~300名の月
    LITEプラン:70,000円/月
    STANDARDプラン:70,000円/月
  • 301~1,000名の月
    LITEプラン:120,000円/月
    STANDARDプラン:120,000円/月

※初期費用・サポート費用無料

※人数に応じた自動プラン変更

販売元

  • [会社名]株式会社Donuts
  • [所在地]東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8F
  • [営業時間]要問合せ
  • [定休日]要問合せ