【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » オンライン採用管理システムの選び方と賢い使い方 » 面接から採用までを短縮するオンライン面接の仕組み

面接から採用までを短縮するオンライン面接の仕組み

近年、ネットワーク環境や高機能なデバイスの普及によって、Web上で採用活動を行う企業が増えました。さらにコロナ禍が後押しとなり、オンライン面接はぐっと身近なものに。わざわざ会場まで足を運ばなくても面接が受けられるため、スケジュール調整が容易で採用プロセスの短縮につながるオンライン面接について、メリットとデメリットをご紹介します。

オンライン面接によるメリット・デメリットの比較

オンライン面接のメリット

採用活動のスピードアップ

オンライン面接の大きなメリットは、採用のスピードが上がることです。場所や移動時間に影響されず、どこにいても面接を行うことができるので、日程調整がかんたんで面接を早期に実施できます。採用までのプロセスが短縮されることで、他社と並行して就職活動をしている人にスピーディに内定を出すことができるため、欲しい人材の確実な獲得につながります。

応募者を増やせる

オンライン面接であれば、地方や海外などの遠隔地に住んでいる人材にも選考対象を広げられます。これまでは面接に来てもらうことが難しかった地域から人材をマイニングできるので、事業拡大を考える企業にとってチャンスになります。また、求職者にとっては、就職活動にかかる交通費や宿泊代が不要なため、応募のモチベーションアップにもつながります。

採用コストの削減

オンライン面接は、会場準備や移動にかかる時間と費用を削減します。また、日程調整や応募者への連絡も採用管理ツールを通じて行えるため、わざわざ電話やメールをする必要がなく、採用担当者の業務工数を減らすことができます。ツールの中には、オンライン面接の映像を解析してAIが選考をアシストしてくれる機能を備えたものもあり、大人数の応募を公平かつ効率的に選考することができます。

オンライン面接のデメリット

通信回線のトラブル

インターネットで採用者と応募者をつなぐオンライン面接では、通信状況によってトラブルが発生します。特に、スマートフォンでつなぐ応募者側が要因となって、映像が乱れる・音声がうまく聞こえない・接続が切れてしまった等のトラブルが起こりえます。

対面よりも相手の雰囲気がつかみづらい

実際に会って話す対面面接と比べて、オンライン面接は応募者の雰囲気や感情をつかみづらいという懸念があります。パソコンの画面越しではどうしても臨場感に欠けますので、しばらく時間をおいてから「あれ、どんな人だったっけ?」と印象がぼやけてしまうことも。

オンライン面接のデメリットには解決法も

上記のようなデメリットを持つオンライン面接ですが、これには解決法があります。回線トラブルによる面接中断のリスクは、事前にきちんとつながることが確認できるツールを使うことである程度回避できます。また、ライブ面接ではなく動画面接の方式で行うこともおすすめです。動画であれば、お互いに環境のよいタイミングで撮影・選考ができるので、通信トラブルで時間をロスするおそれがありません。動画面接は繰り返し視聴できるので、後から応募者の発言や印象を確認することも可能です。

テレビ電話やWeb会議ツールでもオンライン面接をすることはできますが、動画面接やAI選考アシストのような機能はついていません。もし自社で本格的にオンライン面接を導入する場合は、面接に特化したツールや、採用管理システムに付随している専用ツールを使うことをおすすめします。


こちらの「オンライン採用ツールの賢い利用法」も読む

オンライン採用ツールで「採用課題」を賢く解決したいなら↓↓こちらもチェック↓↓
RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
こんな
企業・
採用
向け
小~中規模以上の企業
<新卒・中途>
大量エントリー&面接を行う大企業
<新卒・中途>
中途採用を大量に行う企業
<中途>
無料
トライアル
4ヶ月
(最初の1ヶ月は面接官サポートあり
要問合せ 要問合せ
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが開発&コンサル、自社のフェイズや要望に合ったプログラムへのカスタマイズに対応。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
そのほかの
特徴
  • 採用サイト制作も可。面接官サポート、経験豊富なプロによる人事コンサルティングが受けられ、採用人事のスキルアップが図れる。
  • 面接・選考に特化したツールだが、外部の採用管理システム「Talentio」と連携することで、応募者の一元管理も可能になる。
  • 採用サイト作成も可、専任担当者が1社につき1名つく。応募者データの登録数、アカウントの作成数による制限/課金がない。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る