採用までのプロセスを短縮するオンライン面接の仕組み

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 採用活動を効率化する採用管理システムとは? > 採用までのプロセスを短縮するオンライン面接の仕組み

オンライン面接機能が実現する採用フローの最短化

普及期に入ったオンライン面接

オンライン面接とは、応募者と企業側の採用担当者が直接会って面接を行うのではなく、インターネット回線を利用したビデオチャットで面接を行う選考方法です。アメリカではスカイプやビデオ電話などを活用したオンライン面接がいち早く始められた結果、広く普及し、日本でも2010年ごろから導入され始めました。

オンライン面接は企業側、応募側の双方にメリットがあり、採用管理システムの中にも、オンライン面接機能が実装されたものが人気となっています。

オンライン面接を利用するには

オンライン面接機能を含む採用管理システムを利用する場合、カメラやマイクを備えたPC、もしくはスマートフォン・タブレットなどが必要です。企業側が主にPCの使用が前提になるシステムが多いですが、システムによっては企業側・応募者側の双方で、すべてのデバイスに対応したものもあります。

オンライン面接のメリット

応募者にとっては、場所や移動時間に影響されずに、どこにいても面接を行うことが可能になりますし、企業側も面接会場を用意する必要がなくなります。双方の時間の都合が合えば面接を実施できるため、面接を早期に実施でき、採用までのプロセスを短縮することができるのです。上記を含め、双方にとってのメリットを下記にまとめました。

    企業側のメリット
  • 面接会場が不要
  • 来社受け入れが不要
  • 担当者が出張中でも出先で対応できる
  • 多くの人材を効率的に面接できる
  • 地方や海外などの遠隔地に住む人材も面接できる
    応募者側のメリット
  • 移動が不要
  • 来社が不要
  • 自宅で面接が受けられる
  • 遠隔地からでも面接を受けられる
  • 採用活動にかかる交通費・宿泊費の負担が軽減

実際、当サイトでご紹介している採用管理システムの中ではインタビューメーカー・i-web・バイオグラフなどがオンライン面接機能を実装しています。

スマートフォンの普及もあって、オンライン面接を導入している企業も増えました。とくに20代ではほとんどの人がスマートフォンを保有しており、就職活動でも必須のアイテムとなっています。新卒採用時のオンライン面接も増加傾向にあり、地方に住む学生の採用チャンスの後押しにもなっています。

しかし、一方ではデメリットもあります。応募者側はスマートフォンを持っている必要がありますし、アプリなどの取り扱いが苦手な人も想定されます。

これらを事前に検証できるという意味では、無料のトライアルが用意された採用管理システムであれば、応募者の立場になってオンライン面接を試用してみるといったことも可能です。