面接・採用プロセスの効率アップ!採用管理システム大全

メニューボタン
メニューボタン
               
面接・採用活動を効率化する
採用管理システムとは?
               

採用管理システムとは、面接の日時調整や応募者情報の管理など採用業務を自動化・効率化することで、採用活動に関わる工数やコストを低減してくれるクラウド型サービスです。

このサイトでは、多くの採用管理システムの中から、業務の効率化が期待できるシステムを厳選して紹介いたします。

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

オンライン面接のメリット

一部の採用管理システムが採用しているオンライン面接とは、スマートフォンやタブレット、PCなどを使って、ビデオチャット形式で面接を行う機能です。場所や時間の制約を受けにくいので、応募者はより面接に参加しやすくなり、企業側も面接実施までの期間を短縮し、採用までのプロセスを最短化することができます。

オンライン面接には、上記のようなメリットがありますが、オンライン面接と連動した機能が充実していなければ、その価値を活かすことはできません。

機能の数で選ぶおすすめの採用管理システム

下記では、オンライン面接に対応した採用管理システムをピックアップ。募集・面接・採用の効率化に重要な14の機能無料トライアルの有無、計15項目の評価を数値化し、その合計値でランキングを作成しました。採用管理システムを選ぶ際の参考となれば幸いです。

順位 1位1位 2位2位 3位3位
サービス名 インタビューメーカー HireVue HARUTAKA
対応機能数の
評価ポイント
15pt 11.5pt 7pt
無料トライアル ×
求人募集ページの作成 × ×
入力フォーム作成
面接日程の自動調整 ×
募集・面接・採用
などのフローの管理

スケジューラー連携
googleカレンダー・サイボウズ officeに対応

オプション対応
×
通知機能 ×
メールシステム ×
自動連絡メール
×
オンライン面接
オンライン
グループ面接

企業側5名、応募者側5名の計10名までのグループ面接に対応

企業側のみ3名まで可能
×
オンライン面接の
録画機能
×
動画選考
求人媒体との連携
15媒体以上

オプション対応
×
CSVのインポート・エクスポート ×
公式・紹介サイト https://interview-maker.jp/ https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/ https://harutaka.jp/
※各サービスの「対応機能数の評価ポイント」は機能評価で○を1点、△を0.5点として換算した合計値です。
ランキング1位
サービス名
インタビューメーカー
対応機能数の評価ポイント
15pt
機能対応
無料トライアル
求人募集ページの作成
入力フォーム作成
面接日程の自動調整
募集・面接・採用 などのフローの管理
スケジューラー連携
通知機能
メールシステム
自動連絡メール
オンライン面接
オンライングループ面接
オンライン面接の録画機能
動画選考
求人媒体との連携
CSVのインポート・エクスポート
公式・紹介サイト
https://interview-maker.jp/
スケジューラー連携:googleカレンダー・サイボウズ officeに対応
オンライングループ面接:企業側5名、応募者側5名の計10名までのグループ面接に対応
求人媒体との連携:15媒体以上
※各サービスの「対応機能数の評価ポイント」は機能評価で○を1点、△を0.5点として換算した合計値です。
ランキング2位
サービス名
HireVue
対応機能数の評価ポイント
11.5pt
機能対応
無料トライアル
求人募集ページの作成 ×
入力フォーム作成
面接日程の自動調整
募集・面接・採用 などのフローの管理
スケジューラー連携
通知機能
メールシステム ×
自動連絡メール
オンライン面接
オンライングループ面接
オンライン面接の録画機能
動画選考
求人媒体との連携
CSVのインポート・エクスポート
公式・紹介サイト
https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/
スケジューラー連携:オプション対応
オンライングループ面接:企業側のみ3名まで可能
求人媒体との連携:オプション対応
※各サービスの「対応機能数の評価ポイント」は機能評価で○を1点、△を0.5点として換算した合計値です。
ランキング3位
サービス名
HARUTAKA
対応機能数の評価ポイント
7pt
機能対応
無料トライアル ×
求人募集ページの作成 ×
入力フォーム作成
面接日程の自動調整 ×
募集・面接・採用 などのフローの管理
スケジューラー連携 ×
通知機能 ×
メールシステム
自動連絡メール ×
オンライン面接
オンライングループ面接 ×
オンライン面接の録画機能 ×
動画選考
求人媒体との連携 ×
CSVのインポート・エクスポート ×
公式・紹介サイト
https://harutaka.jp/
※各サービスの「対応機能数の評価ポイント」は機能評価で○を1点、△を0.5点として換算した合計値です。

ランキング1位
「インタビューメーカー」

インタビューメーカー公式サイト
引用元HP:インタビューメーカー公式サイト
https://interview-maker.jp/

オンライン面接機能を備えた
オールインワンタイプの採用管理システム

インタビューメーカーは、オンライン面接機能を標準搭載することで、採用活動において悩みの種であった面接に関する時間や場所の制約をとり払い、採用までの工数やコストを最小化してくれる採用管理システムです。パソコンやスマートフォン、タブレットがあれば、いつでもどこでも面接を行えるので、遠隔地に住む方や時間が取れない方との面接も可能になります。

インタビューメーカーは、さまざまな業界・業種の採用現場で出た要望をシステム開発に活かすことで、採用活動に有用な機能を数多く取り入れ、多くの企業から支持を受けています。万全のサポート体制も魅力の一つで、国内企業1000社以上の導入実績を持っています。

インタビューメーカーの特徴

オンライン面接で応募者の見極めを強化

インタビューメーカーの最大の特徴は、オンライン面接に力を注いでいることです。対面での面接と比べても大差ない感覚の面接が、オンラインで実現可能。PCやタブレット、スマートフォンさえあれば時間や場所を問わず本格的に面接できます。地域を限定しないことで応募者数を増やすことができ、その中からの面接実施率もアップさせられるのが特徴。採用の効率が飛躍的に向上します。

動画選考でスケジュール調整の手間いらず

さまざまな求人媒体と連携してデータを取得できるため、求人媒体での応募状況や経過などあらゆる情報を管理できます。また応募者の履歴書データや現在のステータスも合わせて管理できるのが魅力です。効率よく優秀な人財を採用するためには、現状を整理・把握することが大切。データを残すことで、さらなる効率化へのヒントが見えてきます。

求人媒体との連携&データ一元管理もできる

オンライン面接でも予定が合わせられない応募者には、動画選考を用意することができます。あらかじめ質問内容を設定しておき、応募者の都合の良い時に24時間いつでもアクセス可能。受け答えの様子は録画された動画で確認できます。

優秀な人財は忙しいもの。そんな応募者にも負担をかけずアプローチできるのが魅力です。

サービスプラン・料金

インタビューメーカーには3つの料金プランが用意されており、手軽に始められるベーシックは月額費用:39,800円、アドバンスは月額:79,800円、プレミアムは月額:149,800円となっており、プランごとに別途、初期費用(応相談)が必要です。

プレミアムプランには募集からオンライン面接、採用管理にまで採用活動に必要な管理をすべて網羅したオールインワンパッケージ。アドバンスプランは、動画選考と分析レポートの機能なし。ベーシックプランは、オンライン面接機能に絞ったプランとなっています。

いずれのプランでも、電話やメールでの対応はもちろんのこと、インタビューメーカーのシステムを活用したWEB上でのサポートなど、顧客の状況に合わせた方法でサポートしてくれるので、パソコン操作が得意でない方でも安心して利用することができます。

インタビューメーカーが適している企業

採用活動の範囲を拡大したい、たくさんの人を面接しなければならない、人財をもっと吟味したいという企業にオススメです。もちろん現在の採用活動を効率化したいという企業のニーズも満たせます。またオンライン面接を活用して求人の範囲を広げることで、採用条件を引き上げることも可能。さらに優秀な人材にアプローチしたいという企業にも対応可能です。

導入のしやすさ

手頃なプランから用意されており、サポートサービスがついてくるためPC操作が苦手でも安心。導入して混乱を招くことはありません。

インタビューメーカーの公式サイトで
詳しいサービス内容を見る

電話で問い合わせる

ランキング2位
「HireVue」

HireVue紹介サイト
引用元HP:HireVue紹介サイト(タレンタ株式会社)
https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/

デジタル面接・録画機能に重点を置いた
米国生まれのコミュニケーションプラットフォーム

デジタル面接プラットフォームHireVueは、2004年にアメリカで開発されたシステムで、世界100カ国以上で利用され、有名企業650社以上が導入しています。日本では2016年からサービスの提供を開始し、さまざまな企業で導入されています。

人材の採用(新卒・中途・アルバイト)や社内選抜など、あらゆる分野の面接・選考に利用できます。面接機能に定評があり、採用面接をオンライン上で録画・ライブ形式で行い、採用担当者が簡単に評価・比較を行うことができます。候補者・採用担当者は、パソコンもしくはタブレットやスマートフォンの専用アプリから、時間・場所を問わずに面接を受けたり、評価を行うことができます。

HireVueの特徴

録画による面接機能が充実

HireVueの最も大きなメリットは録画の機能が充実していることです。HireVueなら面接の設問内容をきちんと作りこめば、対面と遜色ない面接を実施できます。その理由が豊富な設問形式を設定できること。文字、動画、写真、図式などの形式で面接の設問を設定できるため、あらゆる面接形式を再現可能です。

マルチデバイスのオンライン面接

PCやスマートフォン、タブレットなどカメラ付きの機器であればあらゆるデバイスからアクセス可能です。そのため、面接官や応募者の急な変更にスムーズな対応ができ、外出先でも合間の時間に面接できます。

AIを活用して応募者の将来を予想

HireVueは応募者の動画をAIで解析し、詳細に記録。入社後活躍している人材のデータをHireVueに取り込めば、2つのデータを比較することで、今面接をしている候補者の将来性を予測することができます。もちろん実際に話した面接官の印象も大切ですが、1人の主観だけだと本当に優秀な候補者を落としてしまう可能性も。実際に接した感触とAIで導いたデータを組み合わせることで、より精度の高い面接が実施できます。

サービスプラン・料金

初年度は、システム利用料金と初期導入費用を合わせて、総額400万円からの費用が必要になります。オプションにより費用は変動するため、正確な費用を知るには、詳細な打ち合わせが必要になるようです。2年目以降はシステム利用料金のみが必要となります。

※システム利用料金は採用規模(人数)によって異なります。

HireVueが適している企業

HireVueは「採用コストをかけてでも優秀な人材を確保したい」という企業にオススメです。導入コストはかかるものの、人工知能によるデータの蓄積や豊富な録画機能など、あらゆる面接形式で優秀な人材を採用するための機能がそろっています。ある程度採用にコストをかけられる企業なら、HireVueを活用して今より質の高い採用を実施することが可能です。

導入のしやすさ

他の採用管理システムに比べ、導入コストの高いHireVue。人工知能や豊富な録画機能はほとんどの企業で有効活用できる魅力的な機能ですが、採用管理システムだけで400万円~というのはどの企業でも出せる金額ではありません。また採用規模によっては料金がさらにかかるため、導入のハードルは高い方だと言えます。

機能面に関しては無料デモを依頼できるため、実際に使用してから導入を検討することが可能です。どのような機能があるのか気になる方は、一度試してみると良いでしょう。

HireVueの紹介サイトで
詳しいサービス内容を見る

電話で問い合わせる

ランキング3位
「HARUTAKA」

HARUTAKA公式サイト
引用元HP:HARUTAKA公式サイト
https://harutaka.jp/

HARUTAKAは、応募者が好きなときに録画した動画を、好きなときに投稿することができるシステム。

さらに投稿された動画はクラウド上に保存されるため、採用担当者側はいつでも閲覧でき、双方ともに時間に縛らないという、メリットが得られるサービスです。

応募者と採用担当者は、『時間』という制約にとらわれないため、面接もスムーズ。加えて、HARUTAKAはさまざまなデバイスに対応していますから、専用機器の必要もなく、インターネット環境とカメラが搭載されていれば利用可能。遠方の応募者の方でも、パソコン、スマートフォン、タブレットなどがあれば面接ができますので、応募者の移動の負担の軽減などで応募の機会損失を防ぐことにも繋がるでしょう。

HARUTAKAの特徴

チャット機能でスピーディーな連絡

HARUTAKAは、チャット機能が搭載されていますので、応募者とのインタラクティブな連絡が可能となります。そのため、電話連絡やメール等でタイミングが合わずにその後のスケジュールに遅れが出てしまうといった支障を防げることも。スムーズに面接スケジュールを組むことができるでしょう。

質問項目を自由に設定

設問選択式では欲しい情報が得られない、という場合もHARUTAKAなら好きな文章を設定できますから、自社に適した質問を自由に作成可能。的確な質問を応募者に問えますから、精度の高い情報を得られるでしょう。

コンサルタントによるサポート

最短1日で利用できるという手軽さもさることながら、導入時から導入後までコンサルタントがサポート。セールス、CS、開発の全部門が自社内にあるため採用に関する相談も的確でスピーディー。また、導入日には専属スタッフが在中しますから、基本操作のレクチャーを受けることも可能です。

サービスプラン・料金

HARUTAKAの利用料金にかんしては、要問合せとなっております。

HARUTAKAが適している企業

オンライン面接や動画選考で、いつでもどこでも面接可能。求人範囲を広げたい、面接の回数を増やして、応募者を吟味したい企業にオススメです。

導入のしやすさ

シンプルな画面デザインで、サポートなしでも直感で操作でき、導入しやすいのがメリット。最短1日から導入できるため、手軽に試せるのも魅力です。

HARUTAKAの公式サイトで
詳しいサービス内容を見る

採用活動を効率化する採用管理システムの仕組み

採用管理システムは、採用業務のプロセスにおける色々な情報を一元で管理し、業務を効率化してくれる新しいクラウドサービスです。主に求人管理、情報管理、選考管理、内定者管理の4つの業務を管理し、応募者が採用段階のどこにいて、どのような評価を受けているかなどを追跡することができます。

応募から採用までの流れを一元管理できるため、採用業務において発生していた課題に対しても効率的、合理的に効果をもたらします。

採用管理システムは企業側の面接可能日時をシステムに登録し、応募者側に開示することで、応募者に都合の良い日時を選択してもらえるため、面接日時の決定・調整に人の手がかからず、企業側が1人ひとりに確認する手間も省け、面接日決定までのプロセスの短縮につながります。

面接日時確定時には、システムが自動的にその面接日時の受付を「不可」にしてくれるので、日時のバッティングを防ぐこともできます。

面接までのプロセスを短縮する仕組みとは?

オンライン面接は、直接会って面接を行うのではなく、テレビ電話や動画、ウェブカメラを通じて採用面接を行う方法です。対応デバイス(カメラとマイク付きのPC、スマートフォン、タブレット)があれば、場所や移動時間に影響されずに、どこでもいつでも面接を行うことが可能になります。

応募者側と企業側、双方の時間の都合が合えば面接を実施できるため、面接を早期に実施でき、採用までのプロセスを短縮することができます。

採用までのプロセスを最短化する短縮するオンライン面接とは?

採用管理システムは、応募者の情報を一元的に管理できるシステムですが、採用管理システムの中には、外部の求人媒体などから応募してきた応募者情報のインポートに対応し、合わせて一元管理できるシステムもあります。

求人媒体側のサーバー仕様にもよりますが、外部で使用されているアプリ機能を自身のアプリでも導入できるようにしてくれるシステムであれば、自動的に求人媒体側の応募者情報を採用管理システムに取り込むことができるのです。

応募者のデータを一元で管理する仕組みとは?

採用管理システムの使い心地は、実際に触れてみないと分からないものです。無料のデモンストレーションや無料トライアルを実施している採用管理システムもありますので、実際にシステムを体験してみると、そのシステムの機能が適しているかどうか、良し悪しが分かるでしょう。

当サイトでは、オンライン面接機能を備えた人気の採用管理システム「インタビューメーカー」の無料トライアルをレポートしています。

採用管理システムの無料トライアルとは?

採用担当者の悩みに応える採用管理システム

企業の採用担当者が悩んでいるポイントとして「求人募集に人がなかなか集まらない」「採用活動に人員が不足している」「面接で良い人材を逃がしていないか不安」といったものが挙げられます。

採用管理システムを導入すると、採用活動のプロセスにおいてどのようなサポートを受けることができるのか。採用活動に悩まされている採用担当者がいかに効率的な採用活動ができるようになるのか。採用管理システムがどのような効果をもたらすのかを解説します。

求人募集に人がなかなか集まらない

求人募集に応募者が集まらない原因は、企業が求める人物像が曖昧で応募者に伝わりにくいことや、求人の条件が合わないなどによる部分以外に、面接に行くことが困難という環境的な要因が原因である場合も少なくありません。

そのような問題点を解消してくれるのが、オンライン面接で、このシステムを利用すれば応募者側の時間的、距離的な制約が緩和され、応募者の負担が和らぐため、応募への敷居を下げることができます。

採用活動に人員が不足している

採用担当者の人手不足は、スムーズな日程調整や応募者への連絡対応の不備を招き、採用決定までの期間が長期化してしまいます。

しかし、採用管理システムは求人媒体との連携や面接の調整・スケジュール管理・応募者とのやりとりなどがすべてシステム内で管理できるため、少ない人員でも業務効率が上がります。

作業工数を抑え、人材不足も補うことができるため、採用担当者の業務を効率化し、優れた人材の確保のためのサポートをしてくれます。

面接で良い人材を逃がしていないか不安

マンパワーで行う面接では、選考基準や質問内容の均一化が難しく、面接官の差によって良い人材が見逃されている可能性も否めません。

しかし、採用管理システムの中には、面接データの蓄積や採用データの分析に加え、オンライン面接の録画動画や、提出された動画選考の動画が利用できるシステムもあります。

これらの機能を利用すれば、対面面接で得た以上の成果がもたらされ、優秀な人材の取りこぼしを防ぐことにもつながります。

人材採用を効率化するおすすめの採用管理システム

動画を使用した面接は、リアルタイムで行うオンライン面接だけではありません。次のページでは、動画選考機能を持つシステムや、動画による面接機能はないものの豊富な採用管理機能を持つシステムをそれぞれ比較しています。

動画選考・録画機能に対応した採用管理システム

動画機能は応募者側が録画した動画ファイルをアップロードすることで、企業側がその動画を見て選考を行う機能です。評価基準の均一化を図ることができ、選考精度の向上にも役立つ動画選考・録画機能に対応したシステムを紹介します。

  • インタビューメーカー
    導入企業は850社以上を誇るオールインワンタイプで多機能な採用管理システム。オンライン面接、面接録画機能、万全のサポートサービスが人気です。
  • HireVue
    世界中の著名な企業、650社以上が導入。面接機能に特化したシステムで、選考プロセスの短縮を叶えます。
  • バイオグラフ
    オンライン面接機能に特化したシステムで、シンプルなスケジュール管理で使いやすく、基本料金も無料です。
  • i-web
    大手就職情報サイトと連動した新卒採用向けの管理システム。内定者フォローや新入社員受け入れなどにも対応。
  • リクオプ
    業界ナンバー1のシェアを占めるアルバイト・パートの採用に特化したシステム。専用採用ページの作成も可能です。

採用管理に特化した採用管理システム

オンライン面接や動画選考の機能は実装していないものの、採用管理機能の特化したシステムを紹介します。

  • ACCUUM
    採用ノウハウが搭載され、使い勝手が良いシステム。ベンチャー企業や中小企業からも幅広く利用されています。
  • ジョブオプ
    アルバイト・パートの採用に特化したシステム。管理画面から求人媒体への発注作業を行うこともできます。
  • SONAR
    新卒採用、中途採用に対応したシステム。応募者対応の自動化を実現し、採用担当者の業務の効率化を図ります。
  • HRMOS
    リファーラル採用に特化したシステム。候補者の母集団形成をサポートする機能で、企業の魅力を伝えます。

新卒・中途採用向けの採用管理システムの特徴

採用管理システムは、新卒採用と中途採用のどちらに適しているかによって、機能や特徴が異なります。そのため、自社にとって使いやすい採用管理システムを選択するためには、どちらに特化したシステムを導入するかを考えなければなりません。

また、採用状況によってシステムを使い分けたいという場合、搭載されている機能はもちろんのこと、料金体系にも気を配りたいところです。