Skype

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 新卒採用に活用できる無料のオンライン面接ツール > Skype

そもぞもSkypeとはどのようなシステムか

SkypeはMicrosoftが提供するビデオチャットツールです。 その歴史は深く、プライベートでの活用はもちろん、海外との商談など幅広い用途で活用されてきました。

Skypeの最大の特徴は、ほぼ電話であることではないでしょうか。他のWeb会議ツールはオンライン上での同じアプリケーション同士でしか接続できないという点が一般的です。

しかしSkypeの場合には、固定電話や携帯電話との通話が可能なため、オンラインで会話することに慣れていない層でも手軽に着信を受けることができます。

Skypeの基本的な仕様

  • 料金プラン:無料
  • 接続の安定性:△
  • 参加人数の制限:最大25名
  • アカウントの制作:必須
  • 事前準備:双方のIDを交換する必要有
  • 録画・録音機能:無
  • メモやホワイトボードの共有:無
  • 画面共有:パソコンのみ可

Skypeを使用したオンライン面接 企業側のメリット・デメリット

Skypeのメリット

完全無料で利用可能

Skypeの大きなメリットは、完全無料で利用可能という点です。アカウント発行、利用においても費用が発生することはなく、費用を多く負担できない人事担当者にとっても安心なのではないでしょうか。

既存ユーザーが多い

既に多くの人が利用したことがあると言っても過言ではないほど、過去に一世風靡したSkypeは、既にアカウントを持っている方が一定数存在すると言えるでしょう。

しかし学生の年齢が若くなるほどに、「Skype」という存在を知らない可能性があるので注意が必要です。

年配の選考官でも利用経験があるかも

Skypeは登場から非常に長い歴史を持つWeb会議ツールです。ゆえに、年配層であっても「Skypeなら利用したことがある」という方も少なくないのではないでしょうか。

一度利用したことがあるツールであれば使用感を分かってもらえるほか、レクチャーの時間も最小限で済むため安心です。

Skypeのデメリット

通信回線が安定しない

最近発表されたWeb会議ツールと異なり、データ通信量を多分に利用してしまうという点が大きな難点です。 通信環境が安定している場合でも、通話を続けると音声が乱れたり、映像も低クオリティになっていくでしょう。長時間の通話はオススメできません。

また、複数人数で利用する場合には、通常時よりさらに回線が乱れる可能性があるため注意しましょう。

画面共有がし難い

パソコン同士の通話であれば画面共有が可能ですが、もしも必ず画面共有を実施することが分かっている場合には、事前に「パソコンでの参加」を必須にしておく必要があるでしょう。

画面を共有すると、通信量を大きく使用してしまうため注意が必要です。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

Skypeを導入するための手順

SkypeはPCで使用する場合、ブラウザから直接アクセスすることも可能ですが、回線がやや不安定になるなどの懸念点があります。そこで今回はアプリを使用したSkypeの導入手順を見ていきましょう。

まずはアプリをダウンロード

使用している端末に合わせて、まずはSkypeアプリをダウンロードします。Skypeのダウンロードページにアクセスすると、端末に合わせたダウンロードページが設定されているため、自身の端末に合ったアプリをダウンロードしましょう。

Windowsユーザーは注意

SkypeはMicrosoftが提供するアプリのため、Windows PCには基本的に初期設定でアプリがダウンロードされています。そのためSkypeをダウンロードする前に、一度スタートボタンなどからPC内を検索してみると良いかもしれません。

また、ダウンロード画面に到達すると「Skype for Windows」と「Skype for Windows 10」があります。それぞれに大きな違いはありませんが、Windows 10の場合は「Skype for Windows 10」を選択するようにしましょう。

ダウンロード後はアカウント作成を

アプリのダウンロードが完了したら、Skype IDを作成します。Skypeのアカウント作成画面は、Microsoftのサインイン画面へと遷移します。もしMicrosoftのアカウントをお持ちの場合、アカウント情報を入力することでSkypeへアクセスできます。

Microsoftアカウントがあれば、既にSkype IDが決まっている?

Microsoftアカウントを発行している場合、ランダムでlive:から始まるランダムな文字列が作成されています。そのため過去の控えなどを参照すると、既にアカウント名が発行されてる可能性が高いので注意しましょう。

過去アカウントを作ったことがある人はSkype名で検索

Microsoftアカウントと連動したのは比較的最近の話で、過去Skypeが出始めたタイミングでIDを作成した記憶がある方は、Skype名で検索すると出てくる可能性があります。電話番号に紐づいているため、入力することで過去のSkype名を思い出す方もいるかもしれません。

アカウントが無かった場合は情報入力から

Microsoftアカウント作成が初めての方や、過去にSkypeをしていた記憶があるもののSkype名が思い出せないという方は、アカウントを一から作成しましょう。

名前はもちろん、電話番号の入力が必須となるため注意が必要です。電話番号認証を避けたい場合は、メールアドレス+パスワードでも認証ができるため都合の良い方を選択すると安心です。

ログインを行う

アカウント発行が完了したら、ログインしてみましょう。きちんとログインできれば大きな問題はありません。誰かを分かりやすくするために、プロフィール画像の変更などを行っておくと良いでしょう。

IDは事前に通知をしましょう

面接当日はIDが無ければ互いのSkypeにアクセスできません。事前にメールや電話と言った他のツールでIDを確認しておき、チャットなどで本当に相手かどうかを確認しておくと安心です。

Skypeは似たようなIDや名前の人が多く存在するため、本人だと見分けることが難しいケースがあります。事前準備がカギと言えるでしょう。

Skypeを利用したオンライン面接で心がけるべきこと

ID交換後はメッセージなどで確認を

通話に必要なIDは、必ず事前に確認するようにしましょう。 学生からIDを聞いたら、事前に自身のSkype友人リストに反映させておくと安心です。

また、同じような名前、同じようなIDの方がいる可能性が高いため、ID宛てにメッセージを送信し、事前に本人確認を完了させましょう。

ファイルや写真の共有は事前にメールで実施

パソコン同士の参加であれば画面共有が可能ですが、通信量が重くなり、上手く表示できない可能性が高いです。

そのため必要書類は事前にメールで送信し、画面上で共有するのではなく、互いのパソコンに開いた状態で準備をしておくなどの工夫を心掛けましょう。

記事協力

株式会社テガラミル/人材コンサルタント 竹内不二

株式会社テガラミル/
人材コンサルタント

竹内不二

株式会社リクルートHRマーケティング(現 株式会社リクルートジョブズ) 、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(現 合同会社)を経て、現在は株式会社テガラミルにて新卒採用コンサルタントとして活躍。

withコロナ以前よりオンライン面接の導入を企業に提案しており、そのメリット・デメリットから企業が陥りがちなポイントまで熟知。何のためにオンライン面接、オンライン採用を取り入れるのかを自覚させ、企業によって適切なアドバイスを行う。

オンライン面接ツールの
選び方を無料相談する