【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » オンライン採用の課題と解決法 » 母集団形成ができない

母集団形成ができない

採用における母集団とは、採用候補者の集団のことです。母集団形成は採用活動のスタート段階と言えるため、これが形成できないと採用の成功が難しくなります。採用活動において、母集団形成は優先度の高い課題。もし母集団形成がうまくいっていない場合には、その理由を探り、課題を解決していきましょう。

母集団形成が上手くいかない理由

中小企業は大企業に比べて知名度も低く、大手求人サイトに費用をかけて掲載したりしても、応募が集まりにくいことがあります。それは、応募を待つだけの採用手法となってしまっており、大手サイトで結局は大企業と勝負しなければならないためです。

当初ターゲットにしていた人物像とは異なる人材しか応募がなく、ターゲットに当てはまらなくても採用せざるを得ないなどの問題が生じます。また、そもそもターゲット設定が適切でない場合も考えられます。ターゲットが適切でないと、高すぎる条件を並べてしまい求職者にとってハードルの高いものとなっている可能性があります。さらには給与や休日などの待遇が同業他社より劣っている場合も、母集団形成ができない理由のひとつです。

母集団形成の課題を解決するには

応募資格、待遇面を見直す

応募が来ない原因として、応募資格の条件が高すぎる、待遇面が他社に見劣りする、といったポイントが考えられます。

複数の求人サイトで同業他社の同職種の募集を探し、自社の応募資格や待遇と比べてみましょう。自社に応募が集まらない理由が見えてくるはずです。応募資格には、多すぎる条件を記載せずに、入社する時点で必要な内容だけを書くと良いでしょう。

また、給与や残業、休日、福利厚生などの待遇面で、改善できる点があれば行い、相場より良くできれば効果が見込めます。

採用チャネルを見直す

採用チャネルに何を使っていますか?ひとつの求人サイトだけに任せ、提案を受け入れるばかりでなく、自社でも情報収集をしてチャネルを増やしていきましょう。今使っている媒体が、必ずしも自社にマッチしているとは限りません。ターゲットとする層が多く集まるチャネルを選んでこそ、母集団形成が上手くいくコツです。

現在は、求人サイト以外にも自社サイト、特化型の就職サイトや合同説明会、大学主催のイベント、町イングイベント、ダイレクトリクルーティング、SNSなど、さまざまな母集団形成の方法があります。自社のターゲットに合った採用チャネルを見直してみましょう。そこで自社で働く魅力をアピールし、積極的に情報発信することが大切です。

RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが無料相談で人事全般の課題・悩みについて的確なアドバイスを実施します。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る