採用管理システム大全 » 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較

人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較

こちらのカテゴリでは、人材採用が効率的に進むようにサポートしてくれる採用管理システムを比較します。

動画選考機能・録画機能を持つ採用管理システムの比較

当サイトでピックアップした採用管理システムの中には「動画選考」に対応したシステムや「オンライン面接」と「動画選考」の両方を備えたシステムがあります。

動画選考機能は、応募者側がスマホなどで録画した動画ファイルを企業側にアップロードでき、企業側はその応募者の動画を見て、選考が行える機能です。複数の採用担当者が面接動画を視聴することで評価基準の均一化を図ることができ、選考精度の向上にも役立ちます。オンライン面接機能を持つシステムの中には、録画機能を持つものもあり、上記と同様に評価基準の均一化が図れます。

ただし、動画ファイルの容量に制約があると、短い動画しかアップロードできないため、5分以上の選考録画が必要であれば、ファイル容量が無制限のHireVueか、十分な容量のあるインタビューメーカーが安心でしょう。

動画選考機能・録画機能を備えた採用管理システム
サービス名 インタビューメーカー HireVue バイオグラフ i-web MOVE リクオプ
オンライン面接 × ×
動画選考
※動画1ファイル当たりの容量上限は700MB

※動画1ファイル当たりの容量上限なし
×
※動画1ファイル当たりの容量上限は2MB(動画で約1~2分)

※オプション対応
1,000円/1件の課金制を採用
オンライン面接の
録画機能
× ×
無料トライアル あり あり あり なし なし
利用料金 月額料金:
39,800円~
※動画選考機能はプレミアムプラン(月額149,800円)のみ利用できます。

初期費用:
応相談
年間費用:
約400万円~(初年度)
月額料金:0円~
初期費用:0円~
※録画は1分につき10円の利用料が発生
年間費用:
100万円~
i-web採用管理システムとi-web MOVEを同時契約が必要
初期費用:
200~300万円
月額費用:150,000円
公式サイト インタビューメーカー公式サイト HireVueの
紹介サイト
バイオグラフ公式サイト i-web公式サイト リクオプ公式サイト

インタビューメーカー

比較_インタビューメーカー
引用元HP:インタビューメーカー公式サイト
https://interview-maker.jp/

特徴

インタビューメーカーは応募者に対してすぐに面接のオファーを出せます。面接はオンラインの他、応募者が録画した動画をアップロードしてもらうことでも実施可能。さらに、応募者のデータや選考状況はすべてデータ化されるため、応募者を管理しきれなくなるリスクもありません。

機能数が豊富で、どのような企業でも採用の効率化が可能です。WEB面接や動画選考に対応しているため、これから採用活動の範囲を広げたいという企業におすすめ。面接が多く、日程調整に苦労しているという企業でも、時間や距離に縛られることなく面接できます。

どのような企業に適しているか

これらの機能から、よりスピーディーに多くの応募者の面接を行いたい方に向いていますが、選考にかかる時間を短縮して、業務効率を向上させたいという方すべてに適したツールです。

オンライン面接は録画をすることも可能で、他の採用担当者に確認してもらうことでより客観的な採用が出来るようになるため、社内の選考基準を画一化したいという場合にも適しています。

インタビューメーカーの公式HPはこちら

HireVue

比較_hire-vue
引用元HP:HireVue公式サイト
http://hr-odk.jp/hirevue/

特徴

HireVueには面接を録画することができて、面接後に応募者の評価の再検証を行うことや、他の採用担当者の意見を聞くことなども容易です。また、人工知能選考支援機能が搭載されているため、応募者の人物像をデータから分析することも可能。

そのため、適性の高い人材採用に繋がります。

また、オンライン面接と筆記試験を同時に行えるため、面接にかかる時間を短縮せることも可能です。

どのような企業に適しているか

人工知能の利用で採用の質向上を実現してくれるHireVueですが、導入費用はやや高め(初期費用400万円~)です。採用規模が大きな企業や応募者が多く毎年大勢の中から優秀な候補者を選びぬかなければならない企業に適していると言えるでしょう。

HireVueの公式HPはこちら

バイオグラフ

比較_bio-graph
引用元HP:バイオグラフ公式サイト
https://www.biograph.jp/

特徴

WEB面接に特化しているバイオグラフ。WEB面接だけなら初期費用・月額料金0円からと手軽に利用できます。また、オプションが充実していて自社に必要な機能だけをカスタマイズできるため、採用コストを削減できる可能性あり。面接の際、応募者にアカウント登録してもらう必要はないため、応募を募りやすいでしょう。

どのような企業に適しているか

低コストで、オンライン面接に特化していることから、選考にかかる時間を短縮でき、採用コストを抑えることも可能。これらの機能から、採用にかかるコストをなるべく抑えたいという方に最適でしょう。

また、オンライン面接の際に応募者はアカウント登録が不要なので、気軽に応募してもらうことができます。アカウント登録をせずに遠隔地とのオンライン面接が可能となるため、応募者の人数を増やしたいという場合にもおすすめです。

バイオグラフの公式HPはこちら

i-web

比較_i-web
引用元HP:i-web(ヒューマネージ)公式サイト
https://www.humanage.co.jp/service/i-web/

特徴

i-webでは大手就職情報サイトや新卒リクルーティングサービスとの連携ができ、応募者はスマートフォンのアプリで面接を受けられます。i-webの運営会社である株式会社ヒューマネージは各種適正検査と連携しており、i-webでも活用できるため社風に適した人材の採用に貢献。また操作性が良く、実用的な機能が揃っているため採用管理ツールとして10年連続シェア第1位を獲得しています。

どのような企業に適しているか

まだ知名度がなく、応募者が集まりにくいという企業におすすめ。大手求人サイトと連携しているため、さまざまな求職者に求人を見てもらえるメリットがあります。アプリで動画面接ができるため、幅広い求人者にアプローチもできます。

i-webの公式HPはこちら

リクオプ

比較_recop
引用元HP:リクオプ公式サイト
https://recop.jp/

特徴

リクオプは小売業や飲食業、サービス業などで多く利用されています。時間や場所を選ばず面接できる動画面接機能が付いているため、面接官がまとまった時間を取りづらい飲食店やコンビニでの採用に取り入れやすいと評判です。

採用サイトや応募フォームはカスタマイズ可能。より自社に適した人材に働きかけられます。

どのような企業に適しているか

飲食やサービス業など、アルバイトやパート採用に力を入れている企業におすすめ。アルバイトやパート採用は入れ替わりが激しく、採用に十分な時間がかけにくいですが、リクオプなら採用サイトを自社色にカスタマイズし、応募の段階で適した人材を絞りこめます。

リクオプの公式HPはこちら

動画選考機能・録画機能はないが、豊富な機能を持つ採用管理システムの比較

オンライン面接や動画選考には未対応なシステムではあるものの、求人募集から面接、採用までのプロセスの効率化に重点を置いた採用管理システムをピックアップし、その機能をご紹介します。

ACCUUM

比較_accuum
引用元HP:accuum公式サイト
https://accuum.com/pages/74/ab94da371c239bb6042795a1792f3505/jp?page_id=74

特徴

ACCUUMには、採用担当者の業務効率を向上させる機能が豊富です。

応募者の情報や選考状況はすべて一元的に管理することができて、選考に関する操作内容はタイムラインとして記録されます。また、ACCUUMログイン後の画面は、採用の進捗が一目でわかるようなインターフェイスになっているため、採用業務の管理をすることも可能です。

どのような企業に適しているか

採用業務をより効率的に行いたい方、数多くの選考をより見やすく管理したいという方に向いていると言えます。

さらに、採用ページを作成して自社サイトに埋め込むこともできるので、リクルートページを充実させたいという方にもおすすめです。

ACCUUMの詳細はこちら

ジョブオプ採用管理

比較_jobop
引用元HP:ジョブオプ公式サイト
https://jobop.jp/ats/

特徴

アルバイト・パート採用に特化した採用管理システムジョブオプ。飲食店や小売店など、アルバイト・パート採用が多い職種に合わせた機能が充実しています。

求人サイトIndeedと連携しており、ジョブオプで作成した求人情報はIndeedの無料広告枠に掲載されます。

どのような企業に適しているか

ジョブオプ採用管理はフランチャイズにも対応しています。このことから、アルバイトとパートを雇う機会が多いフランチャイズの飲食店、小売店に最適な採用ツールです。

さらに、管理画面から求人媒体への発注を行うことができる機能、indeedとの連携機能などを含めて考えると、継続的に選考を行っている企業、より多くの応募者を集めたい企業にも向いています。

応募者情報を取り込むこともできるため、応募者が多くなって管理しきれなくなるというリスクがありません。

ジョブオプ採用管理の詳細はこちら

SONAR

比較_sonar
引用元HP:SONAR公式サイト
https://www.igniteeye.com/sonar/

特徴

SONARを用いることで、採用業務の効率化を図ることができます。様々な経路から応募してきた応募者を一元的に管理し、その選考状況をフローチャートを使って視認化するため、採用業務の効率は飛躍的に向上するでしょう。

また、応募者への対応はシステムが自動で行ってくれるため、応募者に連絡をするための時間も削減可能です。

どのような企業に適しているか

採用業務にかかる時間をできるだけ短縮させたい、採用業務をよりシンプルに行いたいと考えている方に適しています。

また、応募者の人数や利用期間で料金が決まり、他の採用管理ツールと比較して安価に利用できるため、一時的に導入したいという方にもおすすめです。

SONARの詳細はこちら

HRMOS

比較_hrmos
引用元HP:HRMOS公式サイト
https://hrmos.co/

特徴

HRMOSでは選考に必要な業務をすべて行うことができます。応募、選考、候補者の情報の取り込み、メールでの連絡までをすべてシステム上で完結させることが可能。

採用プロセスの無駄や煩雑な業務を効率化できます。

どのような企業に適しているか

採用のプロセスに無駄が多いと感じている方、業務が煩雑になりがちだと感じている方に特におすすめです。

また、選考に関するデータを視認化してレポートを抽出する機能がついているため、今後さらに質の高い人材を採用していきたいと考えている方にも適しているでしょう。求人媒体や人材紹介会社の質を図ることも可能です。

HRMOSの詳細はこちら

HARUTAKA

比較_harutaka
引用元HP:HARUTAKA公式サイト
https://harutaka.jp/

特徴

HARUTAKAのライブ面接機能と、応募者が録画した動画を投稿できる機能を利用すれば、どこにいても面接が実施できます。採用側・応募側ともに時間や移動にかかるコストを削減できるのがメリットです。

また、応募者との連絡はメールではなくチャットで行われるため、選考業務自体のスピードを向上させることが可能。重要な連絡が他のメールに埋もれることがなく、連絡ミスが起こりにくいと言えます。

応募者はキーワードや選考状況で管理できるため、応募者が増えても管理が煩雑になるリスクがありません。

どのような企業に適しているか

遠方在住の応募者との選考機会を逃したくない方、出張面接にかかる時間とコストを削減したい方に適した採用ツールです。ライブ面接機能と併せて、より多くの応募者の選考を行いたい方にも向いているでしょう。

HARUTAKAの詳細はこちら

他にもまだある!採用管理システム

上記以外にも、ベンチャー企業や中小企業などで利用されている採用管理システムがまだまだあります。以下も参考にされてはいかがでしょうか。

リクログ

比較_リクログ
引用元HP:リクログ公式サイト
https://www.reclog.jp/

利用料金は比較的安価で、選考フローを自社で変更すればカスタマイズ費用はかかりません。また、導入の簡単さも含めて、初めて採用管理ツールを導入したいと考えている方に適しています。

さらに、リクログはデータの分析が強い点が特徴です。採用に関する様々なデータを蓄積するため、そのデータを分析すれば選考業務の課題点を見つけることができます。

そのため、これから選考業務をさらに効率的にしていきたいという方、選考業務の質を向上させていきたい方にもおすすめのツールです。

リクログの詳細はこちら

ジョブカン

比較_jobcan
引用元HP:ジョブカン公式サイト
https://ats.jobcan.ne.jp/

ジョブカンのプラン自動変更は、継続的に採用業務を行っているものの、実際に選考を行う人数はばらつきがあるという方に最適です。採用候補者の人数が少ないときには自動的に安価なプランになるため、無駄なコストを削減しながら採用ツールを利用できます。

また、採用管理画面はシンプルで分かりやすく作られており、操作性が優れていることも特徴。無料のデモが30日間利用できることも含めて、採用管理ツールを初めて利用する方、試しに導入してみたいという方にもおすすめです。

ジョブカンの詳細はこちら

ジョブスイート

比較_jobsuite
引用元HP:ジョブスイート公式サイト
https://jobsuite.jp/

ジョブスイートは導入実績が豊富なこともあり、サポートが充実しています。メールや電話での質問ができること、専任の担当者から定期的に連絡を受けられることなどを含めて、採用管理ツールを利用したことがなく、導入に対して不安を抱えている方に最適でしょう。

セキュリティ面での強固さや動作の安定性にも定評があり、創業以来、情報漏洩に関する事故を起こしたことがないという実績も踏まえて、初めての方でも安心して利用できます。

初期設定や操作方法も簡単に作られているため、初めての方やパソコンが苦手な方でもすぐに使いこなせるでしょう。

ジョブスイートの詳細はこちら

Cycle

比較_cycle
引用元HP:Cycle公式サイト
https://www.enjapan.com/service/cycle_career/

このように、Cycleは採用のプロセスを簡易化することに長けています。応募者の採用の流れを視認化できる集計レポート機能に加え、選考の進捗や連絡状況等の応募者の情報を一元的に管理できる機能も付帯しており、選考業務をもっとシンプルで分かりやすいものにしたいという方に向いています。

選考が終了した後も、年に2回の定期報告サポートによって選考業務の課題点を知り、選考の質を継続的に向上させていくことも可能。現時点で選考業務に問題を抱えていて、問題を解決することによって採用の質を高めていきたいという方にも適しているでしょう。

Cycleの詳細はこちら

RPM

比較_rpm
引用元HP:RPM公式サイト
https://zeku.co.jp/product/rpm.html

さらに、RPMの機能は自由にカスタマイズすることが可能となっており、自社独自の選考にも対応することができます。カスタマイズ性の高さから、独自性の強い選考を行っているという方に適しているでしょう。

また、応募者データの取り込みに対応している求人媒体の数は250にも及ぶため、多くの媒体に求人情報を出しているという方にとっても便利な採用管理ツールです。

全国展開している求人媒体はほぼ網羅している上に、地方の求人媒体でも対応しているため、データを取り込めない可能性がかなり低くなります。

RPMの詳細はこちら

HITO Link

比較_hito-link
引用元HP:HITO Link公式サイト
https://www.persol-pt.co.jp/hito-link/

HITO Linkは新卒採用版と中途採用版の2種類が用意されているため、適している企業はかなり幅広いと考えられます。

新卒採用版では採用までの連絡をほぼすべて自動化することができ、他社サービスとの連携によって面接の調整にかかる工数を大幅に少なくできます。

さらに、中途採用版でもIndeedとの連携によって求人情報を自動的に掲載することができ、求人ページの作成も非常に簡単であるため、より多くの応募者の選考を行いたい方、選考にかかる時間を短縮させたい方におすすめです。

HITO Linkの詳細はこちら

Zohoリクルート

比較_zoho
引用元HP:Zohoリクルート公式サイト
https://www.zoho.com/jp/recruit/

Zohoリクルートの特徴はカスタマイズが自由なところ。企業によって絞り込みたい項目の条件やレイアウトを気軽に変えられます。また、各種求人サービス・SNSと連携できるため、求人サービスからの応募者管理や、SNSでの広報・宣伝が楽ちんに。もともと作られているWebサイトとの連携もできるため、さまざまなツールを一括管理し、採用業務の効率化につながるでしょう。

さらに、これまでの採用データを分析し、採用業務の課題点も提案してくれます。この求人媒体では応募者を獲得できたが、似たようなこちらの媒体では獲得できていない。など、求人媒体の契約検討材料もデータとして残してくれるため、気になる採用担当者はチェック!

Zohoリクルートの詳細はこちら

楽リク

比較_楽リク
引用元HP:楽リク公式サイト
https://rakurec.hatarakudb.jp/

楽リクは開発時に、いくつもの企業の採用担当者に意見を聞き、そこで困っている情報の管理・連絡系統の管理・情報のタイムラグに関する課題を抽出。それらの課題を解決するためのシステム作りを行いました。

そのため、楽リクは新卒・中途・インターンと幅の広い応募者を一括で管理できる形にしました。さらに、連絡系統と情報のタイムラグの改善には、複数部署とリアルタイムで応募者や説明会の情報を共有できるように改善。面接依頼や選考結果の共有など、別部署と連携して進める業務はたくさんあります。それらをスムーズに進められるように工夫されていることが分かるでしょう。

楽リクの詳細はこちら

GoQ採用管理

比較_goq
引用元HP:GoQ採用管理公式サイト
https://goq.jobs/

GoQ採用管理の特徴は採用サイトを簡単に作成できる点にあります。htmlやcssなどの知識がなくても感覚的に作成できるため、サイト作成に時間を取られません。作成されたサイトはSSL化されており、個人情報もばっちり守られた強固なサイトとなっています。

さらに、作成した求人情報は自動でIndeedへ掲載してくれます。斎藤工が出演していることでも有名なIndeed。広告掲載料は無料で、クリックされた時だけ広告費がかかるのが特徴です。大きな媒体なので、集めている人数はそこらの求人媒体には負けません。自動で載せてくれるので、効率的に人を集められます。

GoQ採用管理の詳細はこちら

MOCHICA

比較_mochica
引用元HP:MOCHICA公式サイト
https://hcm-jinjer.com/media/service/ri005/

LINEと連携することで、応募者とスムーズな連絡を取れるのがMOCHICAの特徴です。10代~20代の主な連絡手段となっているLINE。メールでのやり取りだと、普段メール欄を見ないため企業側からアプローチをかけたとしても、気づかれるのが遅くなってしまう可能性があるでしょう。しかし、MOCHICAならLINE上で連絡を取り、LINEから返信が出来るため、応募者の気づくタイミングが早く、レスポンスしてもらえる確率が高くなるでしょう。

MOCHICAの詳細はこちら

スタンバイカンパニー

比較_stanby-company
引用元HP:スタンバイカンパニー公式サイト
https://stanby.co/

スタンバイカンパニーは国内業界初・完全無料の採用管理システム。あらゆる媒体の求人情報を集約するという目標のもと、無料のサービスを提供し、現在900万件以上の求人広告の掲載を実現しています。2015年のリニューアルでメール機能が追加され、システム内でのやりとりが可能に。また、求人の作成・編集機能や管理画面の利便性向上により、無料かつ使いやすいを実現しました。無料なので試すハードルが低く、他のシステムとの併用も可能。採用管理システムの導入を考えている採用担当者は、試験的に導入してみてはいかがでしょうか。

スタンバイカンパニーの詳細はこちら

採用一括かんりくん

比較_採用一括かんりくん
引用元HP:採用一括かんりくん公式サイト
https://www.career-cloud.asia/

採用一括かんりくんには、近年の売り手市場で選考・内定を辞退する人が増える中、採用担当者を救ってくれる機能がたくさんついているのが魅力です。辞退する可能性がある内定者を見極める、「内定辞退危険度チェック機能」でどの学生を重点的にフォローすれば良いのか把握できます。

最低限必要な機能のみ搭載されており、オプションで自社にあった機能を追加する仕組み。導入費用は35万円~とリーズナブルなのも選ばれる理由の一つです。操作が簡単ですぐに使いこなせるため、導入のハードルは低いと言えます。

採用一括かんりくんの詳細はこちら

Reworks cloud

比較_reworks-cloud
引用元HP:Reworks cloud公式サイト
https://realive.co.jp/magazine/6466

LINEと連動したシステムを採用しているReworks cloud。10~20代の約8割が利用しているLINEを用いることで、若い人材に効率的に呼びかけられます。採用活動でLINEを用いている企業はわずか3%程度で、SNSが普及してきている今の時代に合わせた採用活動ができていないのが現状です。そんな中Reworks cloudを用いれば、LINEを用いて学生と密にコミュニケーションが取れます。採用活動でメールや電話を用いても反応率が悪く、頭を悩ませている採用担当者はReworks cloudでライバル企業に差をつけてみてはいかがでしょうか。

Reworks cloudの詳細はこちら

My Refer

比較_myrefer
引用元HP:My Refer公式サイト
https://i-myrefer.jp/

My Referは、現在働いている社員から人材を紹介してもらう「リファラル採用」に特化した採用管理システム。リファラル採用の状況や紹介された人のデータをリアルタイムで確認できます。社員へ募集を呼びかけたり魅力的な応募者にコンタクトを取ったりすることで、PDCAを高速化できるでしょう。

リファラル採用のコストカット率は、通常採用の80%ほどと大きなもの。ただ、そのまま取り入れると採用チャネルの増加によって人事の負担が増えてしまうことに変わりありません。My Referを用いれば、リファラル採用を効率化・一元化することで、低コストでたくさんの人材を採用可能。余った採用コストを社員に還元することで、既存社員の意欲アップも狙えます。

My Referの詳細はこちら

リクナビHRTech採用管理

比較_recruit-hrtech
引用元HP:リクナビHRTech採用管理公式サイト
https://hrtech.rikunabi.com/ats/

リクナビHRTech採用管理の最大の特徴は利用料金が無料だということ。初期費用や月額費用が一切発生しません。Excelの使用感を残したシンブルな画面設計で、初めて採用管理システムを導入する企業の採用担当者でも操作しやすいでしょう。企業側・応募者側ともにアカウント登録数に上限はなく、1年間データを保持してくれます。

複数のエージェントから送られてきた情報を、自動で登録。簡単なメモを残して管理でき、後から見返した時に分かりやすくまとめられます。

また分析機能も充実しており、求人を出している媒体ごとに応募者数の傾向を分析可能。どの媒体が効果的なのか、それはなぜなのかを分析することで、次年度以降の採用をより効率化できます。

リクナビHRTech採用管理の詳細はこちら

airy freshers(エアリーフレッシャーズ)

比較_airy-freshers
引用元HP:airy freshers公式サイト
https://fresher.jp/

内定者フォロー・新入社員研修SNSで、内定者を徹底的にサポートする内定者フォローSNS airy freshers。懇談会後、会社や同期とのかかわりが薄くなると、内定者の不安や心配事を解消することができません。airy freshersで内定者同士をつなげ、会社のイベントの感想を共有することで相互理解を深められるのがメリット。他の内定者がどのような人なのか、仕事や会社についてどのような考えを持っているのか共有することで、入社後のイメージを具体化できます。入社前は多かれ少なかれ心細いもの。内定者同士の結びつきを強めることで、「一人じゃない」と思わせることができれば、その後の課題や不安も乗り越えていけるはずです。

airy freshersの詳細はこちら

Catch bowl

比較_catch_bowl
引用元HP:Catch bowl公式サイト
https://www.kakehashi-skysol.co.jp/catchbowl-lp/

Catch bowlは3,000社以上の採用をコンサルティングしてきた実績を持つプロが作った管理システム。新卒・中途・アルバイト・パート問わず採用できるノウハウがたくさん詰まっています。月額50,000円で、採用活動に必要とされる基本的な機能をすべてまかなえるのが魅力です。ツールの提供だけでなく、プロのコンサルタントが企業の問題点を見つけて指摘してくれます。見つけた課題をどのように解決するか、そのためにCatch bowlをどのように使うのかを話し合うことで、より効果的な採用活動が実現できます。

HRアナリスト 人材分析

比較_hr-analyst
引用元HP:HRアナリスト 人材分析公式サイト
https://hr-analyst.com/

HRアナリスト 人材分析は求人に応募してきた人を分析し、面接担当者にどのようなアクションを採るべきか提示してくれるサービスです。URLを応募者に渡し、簡単な適正テストを受けてもらうことで、応募者がどのような人なのか提示してくれます。そのデータをもとに、応募者ごとの「口説き」採用戦術を提案。面接官と応募者の相性から、より適任の面接官を選出してくれるのも魅力です。また、データが蓄積するほど自社にオプティマイズされていくのが特徴。使うほど分析の精度が上がり、採用の質も向上します。

AOLC(アクセスオンラインキャリア)

比較_aolc
引用元HP:AOLC公式サイト
https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp/btob/lineup/aolc/1900/

AOLCは大手転職サイトのマイナビ転職が提供している採用管理システムです。AOLCは定額料金制なので、いくら応募者が増えても追加料金はかかりません。また、たくさんの応募者を登録してもさくさく動くため、応募者の母数増加に力を入れることができます。採用に必要な基本的な機能がそろっており、導入後は専任の担当者が無料でサポート。また大手転職サイトなので、転職イベントやセミナーも多数用意しており、システムとの併用が可能です。欲しい人材を効率的に集められる方法を担当者と一緒に探しましょう。

AOLC(アクセスオンラインキャリア)の詳細はこちら

Refcome

比較_refcome
引用元HP:Refcome公式サイト
https://jp.refcome.com/

今いる社員が知人を紹介し、コスト面や定着率で効率が良いとされる「リファラル採用」。Refcomeはそんなリファラル採用に特化した採用管理システムです。Refcomeを利用すると、招待ページを送るだけで、簡単に企業と紹介したい人材をつなげることができます。

効率の良いリファラル採用が日本ではそれほど浸透しないのは、リファラル採用に対して企業が社員に「負い目」を感じているためです。Refcomeは社員が人材を紹介しやすいよう、楽に人材紹介できるシステムを用いることで企業側の負い目を取り払うことを目的としてサービスを提供しています。また、社員ごとの人材紹介実績や協力率を分析することで今後のリファラル採用の課題が見える化できるのも特徴。次の打ち手が具体的に把握できます。

SAP SuccessFactors Recruiting(サクセスファクターリクルーティング)

比較successfactor
引用元HP:SuccessFactors Recruiting公式サイト
https://www.successfactors.com/ja_jp/solutions/recruiting-onboarding/recruiting.html

SAP SuccessFactors Recruiting(以下SAP)は、国内にとどまらず、海外の優秀な人材を見つけたい企業におすすめの採用管理システム。80か国以上、4,000を超える機関(大学や専門学校)に向けて求人を出せます。企業の求人サイトが主要な検索エンジンで上位表示されるよう分析し、求人サイトへ候補者が流れるよう誘導。46の言語に対応しているため、どこの国の候補者でも言語の壁を感じることはないでしょう。国内外問わず、才能のある人材を効率的に見つけ出せるシステムがSAPなのです。

SAP SuccessFactors Recruiting(サクセスファクターリクルーティング)の詳細はこちら

マッチングッド

比較_マッチングッド
引用元HP:マッチングッド公式サイト
https://www.matchingood.co.jp/

応募者管理・求人案件管理・進捗管理・スケジュール管理・データの集計など、採用活動に必要な機能が一通りそろっているマッチングッド。オプションで、ホームページ・LINE連携機能・地図マッチング(人材や求人の場所を地図上に表示する)機能を追加することができます。初期費用は0円、月ごとの運用費用は17,500円~とかなりリーズナブルな上、導入説明会や導入後のサポートが無料なのも魅力。クラウド型のシステムとして、どこからでもアクセスできます。

PwCソーシャル採用管理ソリューション

比較_pwc-social
引用元HP:PwC公式サイト
https://www.pwc.com/jp/ja/services/consulting/business-applications/sf-solution/social-recruitment-management-solutions.html

PwCが提供する「ソーシャル採用管理ソリューション」は、企業とともにシステムを作り上げていく採用管理システムです。システムの設計・開発の段階から自社の特徴をよく知る人がシステムに関わることで、より適したシステムに近づけていきます。設計・開発と確認・修正を繰り返すことで、企業とシステム提供側の食い違いがなくなり、機能面・コストともに無駄のないシステムを作っていけるのです。また、各種イベントの参加者とのコンタクト履歴を管理できるため、関係の構築が容易に。少し気になって説明会に参加しただけの候補者を、選考に押し出すことができます。

PwCソーシャル採用管理ソリューションの詳細はこちら

Smart Shuttle(スマートシャトル)新卒採用管理システム

比較smart-shuttle
引用元HP:Smart Shuttle公式サイト
https://www.hartech.co.jp/jinji/shuttle-management01

Smart Shuttleは大学生の採用に特化した採用管理システムです。2001年のリリースから約20年間、利用者の声を受けてシステム改良が繰り返されてきました。大学や短大、大学院の学部・学科データを毎年更新しているため、どのような学生がエントリーしているのかが一目瞭然。登録学生とのメッセージのやり取りや評価入力がスムーズになります。企業に応じて機能をカスタマイズでき、自社に適したシステム製作が可能。最適な採用管理システムがないと感じている採用担当者は、Smart Shuttleに追加したい機能を相談してい見てはいかがでしょうか。

Smart Shuttle(スマートシャトル)新卒採用管理システムの詳細はこちら

LePMOS(レプモス)

比較_lepmos
引用元HP:LePMOS公式サイト
https://www.humancentrix.com/platform/lepmos

企業向けに動画制作できるシステムLePMOS。採用活動においても、企業と求職者を結びつける採用動画を作成しています。InstagramやTikTokを筆頭に、SNSで動画を見ることが当たり前になった現代。動画は企業の魅力をより正確に伝えられるツールとして注目を集めています。動画を用いることで、文面だけでは伝えづらい業務内容や会社の雰囲気を視覚的・聴覚的にアピール。実際に社員が仕事をしている様子や生の声を求職者に伝えることで、内定後の姿をより具体的にイメージさせられます。志望度が上がるだけでなく、企業と求職者のミスマッチを防ぐことが可能。より会社の方針に近い人材を集めることができます。

LePMOS(レプモス)の詳細はこちら

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >