新卒採用に活用できる無料のオンライン面接ツール

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 新卒採用に活用できる無料のオンライン面接ツール

どのように使いこなす?無料オンライン面接ツール

Skype

既存ユーザーが多く、既に利用経験がある方も多いのではないでしょうか?オンラインチャットツールとして普及したSkypeは、全世界的に利用されています。年齢が高い選考官でも利用経験がある場合が多く、人事担当者のレクチャーの手間を省くことが可能です。

<メリット>

  • 既に利用したことがあるユーザーが多い

<デメリット>

  • 通信負荷が高い
  • 画面共有がしにくい

zoom

Web会議ツールとして、一気に普及したZOOMは、会議ツールでありながら面接時にも使いやすい機能が盛りだくさんです。録画・録音機能はもちろん、画面共有やチャット欄など、オンラインでありながら共有しやすい機能が多く、選考官も安心して利用できるでしょう。

<メリット>

  • 通信が安定しやすい
  • 仮想背景を適用できる(場所を問わず面接できる)

<デメリット>

  • セキュリティの脆弱性

LINE

通常コミュニケーションツールとして活用されているLINEは、実はビデオ通話機能が豊富な点がポイントです。誰もが使い慣れているツールだからこそ、簡単に面接時も使用することができます。プライベートとの切り分けを丁寧に行うことがポイントです。

<メリット>

  • 既にアカウントを持っている学生がほとんど
  • 仮想背景を利用可能

<デメリット>

  • プライベートとの切り分けが難しい

facetime

Appleユーザーのみが利用できるサービス「facetime」は、連絡帳やSMSからも簡単に発信ができる便利なツールです。オンラインチャットツールのため面接には不向きな点はあるものの、接続も安定しており、MACユーザーやiPhoneユーザーにとっては便利なツールと言えるでしょう。

<メリット>

  • Apple機器にはマルチ対応
  • 無料で活用可能

<デメリット>

  • Appleユーザーのみが利用可能

Google Meet(旧ハングアウト)

GoogleのWeb会議ツールであるGoogle Meet(旧ハングアウト)は、打ち合わせで利用したことがある方も多いのではないでしょうか?Gmailのアドレスがあれば誰もが利用することができ、複数のGmailアドレスを持つことで、複数のアカウントを取得することも可能です。

<メリット>

  • Gmailのアドレスさえあれば利用可能
  • 複数アカウント作成することも可能

<デメリット>

  • 通信回線が安定しにくい