【ラク採】賢く効率化するオンライン採用ツールNavi » オンライン採用の課題と解決法 » 選考辞退・内定辞退を防ぎたい

選考辞退・内定辞退を防ぎたい

選考途中・内定後の辞退が起こる原因

多くの企業では、選考途中や内定後に求職者から「辞退させてください」と言われてしまったことがあるでしょう。辞退が起こるタイミングは、面接前と選考途中、そして内定後。そこで、それぞれのタイミングで辞退が起こってしまう原因について紹介します。

面接前

面接の応募があったにも関わらず、面接前に辞退してしまう原因の多くが「面接日程の調整がつかない」という点でしょう。また中途採用では「面接回数が多く、スケジュールの都合がつかない」などの理由もあります。そのほかにも、「日程調整の際の企業対応に疑問を感じてしまった」という理由もあるようです。

選考途中

面接を終え、採用しよう!と思っていた矢先に辞退されてしまう原因は、「面接時にこの企業と自分は合わない」と求職者が感じたため。たとえば「面接官が話していた内容が自分の抱いていた印象とは違うものだった」「面接時に聞いた仕事内容が求人情報とは異なっていた」など。
また、「面接時に会った社員が挨拶をしてくれなかった」「職場の雰囲気が良いとは思えなかった」などの理由もあるようです。
さらに先に他の企業で内定したからという理由もあるでしょう。

内定後

内定後に辞退されてしまう原因としては、「他社の社風や教育体制により共感できた」「他社の方が好条件だと感じた」などの理由から「面接前から不安や疑問に思っていたことを解消できず、入社してもうまくいかないのではと思ってしまった」などが挙げられます。
求職者も就職のため内定を手にしようと必死ですから、多少疑問や不安があっても面接を受けます。その後内定をもらって落ち着いたころに、「やっぱり辞めた方がいいかな…」と辞退へ流れてしまうのです。

辞退を防ぐための対策

では、求職者の辞退を防ぐためにどんな対策をおこなえば良いのでしょうか?辞退回避のポイントは「スピード感」「十分な情報提供」「企業からのコミュニケーション」にあります。

面接前

面接前の辞退を防ぐために、面接日程調整をスムーズに行う必要があります。面接を行える日時が少ない、なかなか日程が決まらない…という状態では求職者の熱量が下がってしまいます。日程調整ツールなどを活用し、企業・求職者共にスムーズに日程調整を行える環境を整えましょう。
また、面接回数を多く設定している場合は回数を減らす工夫もおすすめです。さらに動画面接などを導入すれば、そもそも日程調整が不要です。

選考途中

選考途中の辞退を防ぐためには選考のスピードアップを実現する必要があります。応募から面接までをスムーズに行い、選考アシストツールなどを活用してスピード感のある採用を行いましょう。
また、「面接時に聞いた仕事内容が求人情報とは異なっていた」などのギャップが生じないよう、採用サイトを充実させておくことが大切です。実際の仕事内容や職場環境がわかるようなコンテンツをつくり、メリットばかりではなくネガティブ情報もきちんと伝えるようにしましょう。

内定後

内定後の辞退を防ぐためには、「入社意思が上がる面接の工夫」や「内定後のフォロー・コミュニケーション」が大切です。
面接の場で求職者に丁寧に接することはもちろん、求職者が聞きづらい質問などを企業側から話すなどの工夫を行いましょう。また、内定後の求職者は期待と緊張から「本当にこの企業で活躍できるのだろうか」と不安になっているものです。内定後も丁寧なコミュニケーションを心がけ、少しでも不安や疑問を解消できるようにしましょう。他の内定者や職場の先輩とつながりを持たせるなどの工夫も有効です。


こちらの「オンライン採用の課題と解決法」も読む

オンライン面接の新しい課題「途中辞退」を解決したいなら↓↓こちらもチェック↓↓
RECOMMENDS
課題解決に活用したい!オンライン採用ツール3選

面接の日程調整の負担、オンライン面接での通信トラブル、選考精度の低下、情報漏洩リスクなどを解決するために、動画面接機能や選考アシスト(サポート)機能が標準実装されているオンライン採用ツールを紹介します。
面接はZoomなど別ツールを使いたい、対面で行いたいという企業向けには、面接機能なしで選考アシスト機能のあるツールを紹介します。

※選定条件:2021年10月20日時点で「オンライン採用ツール」「オンライン面接ツール」とGoogle検索し、上位100位に公式サイトが表示されているツールを調査。
その中から以下の項目に当てはまるものを紹介しています。
①標準仕様として動画面接機能を実装かつ選考アシスト機能のあるツール(2種のみ)、②面接機能は装備せず、選考アシスト機能を標準実装しているツール(1種のみ)

▼左右にスクロールできます。

面接はオンラインで行いたい企業向け 面接は別ツール/
対面で行う企業向け
製品名
インタビュー・オンデマンド
(SMP)
インタビュー・オンデマンド(SMP)
引用元:インタビュー・オンデマンド公式サイト
(https://keieijinji-lp.com/)
HireVue
(ハイアービュー)
HireVue
引用元:HireVue公式サイト
(https://www.talenta.co.jp/product/hirevue/)
AOLC
(アクセスオンラインキャリア)
AOLC(アクセスオンラインキャリア)
引用元:AOLC公式サイト(https://saponet.mynavi.jp/service_career/detail/20210427190909.html)
課題を
解決する
機能
  • エゴグラム個性診断による自己認知度・思考行動特性から有効な質問を自動作成。回答の記述文や動画から選考する構造化面接を実施。評価のブレを抑えられる。
  • 記述文から優秀な現役社員との言語一致度を選考に活用、自社に合った人材採用ができる。
  • 人事のプロが無料相談で人事全般の課題・悩みについて的確なアドバイスを実施します。
  • AIアセスメントにより、優秀な人材と比較。大規模なエントリーのスクリーニングにも活用できる。
  • ゲームによる適性診断で、受験者も楽しみながら認知能力レベルを測れる。
  • 録画問題、記述式問題、選択式問題、画面共有問題(プレゼンテーションテスト)の出題が可能。
  • マイナビをはじめ、転職情報サイト、人材紹介、自社HPなど、多様な経路からの応募者データを一元管理。
  • 応募者自身で面接や説明会の予約が簡単に行え、面接官の評価反映もリアルタイム。
  • 適性テスト(SHL)と連携、任意の選考プロセスをもとに、歩留まり集計を分かりやすくリアルタイムでグラフ表示。
価格 初期費用0円
1エントリー2200円(税込)~
要問合せ 要問合せ
運営会社
株式会社経営人事パートナーズ

公式サイトへ

もっと詳しく見る

タレンタ株式会社

公式サイトへ

もっと詳しく見る

株式会社マイナビ

公式サイトへ

もっと詳しく見る