リクログ

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 > リクログ

リクログの特徴

データ分析で問題を可視化できる

リクログは「ログ」という名前の通り、科学的なアプローチ、すなわちこれまでのデータを駆使した採用管理を得意としています。採用業務のデータを蓄積、分析していくことで自社の採用の傾向を見抜けるだけでなく、採用効率を格段にアップさせることが可能です。

例えば、選考官ごとの承諾率や辞退率を見ることができます。加えて候補者情報と突き合わせた検証が可能なため選考官に課題があるのか、もしくは選考官と候補者の相性が悪いのかなどを把握することが可能です。

採用効率がアップすれば、結果的に採用工数が減り人事担当者の負担を軽減することにつながります。現在の採用課題が可視化できていない会社にオススメの採用関ツールです。

柔軟なカスタマイズが可能

選考フローに合わせたカスタマイズを柔軟に実施することが可能です。

選考フローは候補者によって変更しやすいという会社は多いのではないでしょうか。都度採用ツールの仕組みごと変更するのは難しいという側面もあり、人事担当者にとってはのちの振り返り情報を整える際に大きな手間となる場合が多いです。

しかしリクログの場合、選考フローに合わせて企業側が柔軟に設定を変更することが可能です。急なポジション追加はもちろん、優秀な候補者に対してのフローなど、状況に応じたカスタマイズが可能な点が魅力です。

採用者視点で簡単に使える選考管理画面

リクログの強みは「採用者視点」の管理画面。選考状況が一覧表示され、選考状況に分けて管理しやすいことが特徴。重複応募者の管理や選考結果の評価項目の変更も簡単です。

これまでたくさんの企業相手に採用支援・コンサルティングを手掛けてきた人材採用のプロフェッショナルのノウハウを分析して作られたもの。採用活動の効率化だけでなく、採用の現場で起こる面接日程の急な変更や採用フローの変更など、様々な不測の事態が想定されています。採用者を助けてくれること間違いなしでしょう。

振り返りもスマートに

採用活動において大切なのは振り返りを定期的に行うことです。選考官のような自社の要因はもちろんありますが、そもそも人材紹介会社や掲載媒体との相性が悪いのかもしれません。定期的に振り返りを実施しなければ課題は可視化することができず、結果的に人事担当者の負担のみが増えていく形になるでしょう。

ポジジョン毎の数値振り返りが可能なため、媒体や人材会社、様々な要素をポジションに紐づけ、最適なツールや掲載期間を把握することが可能です。データはダウンロードし、Excelなどを活用したデータ分析をリクログ側へ依頼することも可能です。

豊富な人材会社との連携

採用管理ツールを使用する以上は、自社で活用している人材会社や媒体は全て連携可能なことが望ましいと言えます。リクログの場合、豊富な人材会社との連携を誇っているほか、求人はIndeedと連携させ掲載することも可能です。

また、人材会社とのやり取りは会社ごとに専用画面を発行するため、全てのやり取りをリクログ上で完結させることが可能です。現在人材会社とのやり取りについては外部のツールやメールを使用している企業があれば、安全面や個人情報流出の観点からも、安心して利用できると言えるでしょう。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

キャククルへのバナー

リクログとその他のオンライン面接ツール・採用管理システムとの比較

  • WEB面接:×
  • WEBグループ面接:×
  • 求人媒体との連携:〇
  • スケジューラー連携:〇
  • CSVのインポート・エクスポート:要問合せ
  • 料金:100,000円~

やや費用は他の採用ツールと比較し高い設定ですが、データ分析などの細かなアフターフォローが充実しているため、マンパワーが不足している会社にとっては有難い側面が多いでしょう。細かな点まで振り返りに求められる企業であれば、データ分析などもしやすい工夫がされておりオススメです。

リクログの導入事例

外部へ委託した採用管理も安心

全国に支店を展開するアキュラホームでは、採用業務は外部委託の上運用をしています。もちろんスクリーニングなどはアキュラホームの担当者が実施するものの、その他の状態を整えるのは委託会社の仕事です。これらはアキュラホーム側からすれば採用工数削減に繋がっているものの、連携に手間が掛かっていました。

委託されているがゆえに、細かなレポートは必須です。リクログの場合レポートに細かく対応しているため、いざと言う時にも簡単に情報を引き出すことが可能です。このような運用をすることで、スムーズな採用活動を実現できています。

参考元:リクログ公式サイト(https://www.reclog.jp/success_case/aqurahome.php)

本部と店舗の役割を分担

全国の支店や店舗の応募を本社で管理していることもあり、そもそも応募者数が多く管理が大変でした。加えて日々募集ポジションが変化するため、求人と連動させ紐づけていくのも一苦労でした。

リクログを導入し、求人内容の送付が容易になりました。紹介会社や派遣元へのポジション募集はこれまで手動で行っていたものの大きな手間でしたが、現在は大幅に改善し安心して活用することができています。業務効率も圧倒的に改善し、リマインドを送ることもできるようになりました。

また、リクログ自体のセキュリティが高いので、全ての情報をリクログ上で管理できる点も助かっています。

参考元:リクログ公式サイト(https://www.reclog.jp/success_case/bellpark.php)

2社間での連携。多様な応募にもスピーディーに対応できる

大手住宅注文会社A社の採用は様々な部門に分かれているため、選考フローがかなり複雑。自社で対応するとかなり膨大な量になるため採用業務をP社に受託しています。

連携フローは、まずA社はリクログで作成した採用サイトに求人を公開。A社の採用業務をしているP社はリクログで作成したA社の採用サイトに入ってきた応募データをリクログに取り込み、その画面上で応募者の一時書類選考を行います。

P社が応募者情報をリクログで整理し、A社へ提出。合否判定が出次第、採用結果を応募者に通知します。2社間での連携をスムーズにし、複雑な採用フローの効率化を実現しました。

多くの採用エージェントとの連携で応募を拡大。採用人数の確保に成功

IT系若手企業B社は、リクログの人材紹介支援機能を利用しています。B社では中途採用を増やすため、人材派遣会社との連携が必要になりました。しかし、多くの紹介会社と提携すると、情報の管理が複雑で連絡の手間が増えます。

人事部門のキャパを超える業務であることが明白だったため、人材紹介会社管理ができるリクログを導入することに。これにより、多数の人材紹介会社と連携しても管理できるようになり、応募人数が拡大。人材不足の中でも多数の応募者から適性を見極めることができ、優秀な人材を確保しやすくなりました。

採用関係者のリクログ利用で採用業務の最適化に成功

携帯電話キャリアショップを運営するC社。全国に支店があり、それぞれで採用業務が行われます。募集部門が多岐にわたり、毎日たくさんの応募情報が。この情報はすべて本社の少人数の人事担当で受け付けており、採用フローを回すと業務の遅延が起こるという状況。

採用の効率を悪くしていたのは「二度手間」でした。各採用会社の担当者へ求人内容を個別に送ったり、採用会社側の人事異動で情報の伝達がうまくいかずに新たに伝えなおさなくてはならないことも。リクログを利用し、採用に関わる人が連携することでメール送信や情報共有の煩わしさから解放され、採用フローの最適化に成功しました。

事業の拡大で複雑化する採用業務。データの一元管理機能でわずらわしさから解放

IT分野を中心に様々な事業を展開しているA社。分野ごとに特化した人材の活躍でA社の事業は急成長し、展開エリアも急速に拡大し、さらなる事業拡大を目指しています。事業拡大を成功させるには優秀な人材の確保が必須。自社に適した人材の確保には多数の応募者とその管理が不可欠です。

A社は応募者を多数得るため求人媒体は7~8つ利用していました。それに対して応募者管理の担当者はたったの1名。以前はミスが発生すると普段より3倍も時間がかかり負担が大きかった業務が、リクログの導入により応募者の一元管理ができるようになった事で非常に楽に。ミスも減少し、業務がスムーズに進むようになりました。

リクログの詳細情報

主要機能

  • 母集団形成
  • 応募者情報一元管理
  • 採用効率化
  • 振り返り

利用環境

  • [企業側]PC(ブラウザ)
  • [応募者側]PC(ブラウザ)

料金プラン

  • 100,000円~

販売元

  • [会社名]HRソリューションズ株式会社
  • [所在地]東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング10F
  • [営業時間]要問合せ
  • [定休日]要問合せ