採用管理システム大全 » 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 » リクログ

リクログ

リクログの特徴

選考フローにあわせて自由に変えられる設定

採用活動の効率化のためにシステムを導入しても、システムの仕様と実際の選考フローが異なっていたら本末転倒。リクログなら、システムにあわせて採用フローを変えなくても良いのはもちろん、仕様の違いのために手間をかける必要はありません。選考フローにあわせて企業側が柔軟に設定を変更することができます。システムのカスタマイズ費用が一切かからないこともメリットです。

選考状況が一目瞭然!採用者視点で簡単に使える選考管理画面

リクログの強みは「採用者視点」の管理画面。選考状況が一覧表示され、選考状況に分けて管理しやすいことが特徴。重複応募者の管理や選考結果の評価項目の変更も簡単です。これまでたくさんの企業相手に採用支援・コンサルティングを手掛けてきた人材採用のプロフェッショナルのノウハウを分析して作られたもの。採用活動の効率化だけでなく、採用の現場で起こる面接日程の急な変更や採用フローの変更など、様々な不測の事態が想定されています。採用者を助けてくれること間違いなしでしょう。

データ分析で潜在的な問題を可視化

リクログはその名前からもわかるようにLogデータを蓄積。採用業務のデータを蓄積することで各採用フローで発生する無駄や採用者側の改善点を可視化できます。例えば、担当した面接官によって内定辞退率が異なるなら、面接官の対応の仕方を話し合ってみても良いかもしれません。標準搭載の分析機能は当然ながら、独自の条件を指定してより綿密に分析することが可能です。また、要望があれば会社のニーズに合わせてExcelマクロシート作成に対応しており、業務のスピードアップに役立てることができます。

2社間での連携。多様な応募にもスピーディーに対応できる

大手住宅注文会社A社の採用は様々な部門に分かれているため、選考フローがかなり複雑。自社で対応するとかなり膨大な量になるため採用業務をP社に受託しています。連携フローは、まずA社はリクログで作成した採用サイトに求人を公開。A社の採用業務をしているP社はリクログで作成したA社の採用サイトに入ってきた応募データをリクログに取り込み、その画面上で応募者の一時書類選考を行います。P社が応募者情報をリクログで整理し、A社へ提出。合否判定が出次第、採用結果を応募者に通知します。2社間での連携をスムーズにし、複雑な採用フローの効率化を実現しました。

多くの採用エージェントとの連携で応募を拡大。採用人数の確保に成功

IT系若手企業B社は、リクログの人材紹介支援機能を利用しています。B社では中途採用を増やすため、人材派遣会社との連携が必要になりました。しかし、多くの紹介会社と提携すると、情報の管理が複雑で連絡の手間が増えます。人事部門のキャパを超える業務であることが明白だったため、人材紹介会社管理ができるリクログを導入することに。これにより、多数の人材紹介会社と連携しても管理できるようになり、応募人数が拡大。人材不足の中でも多数の応募者から適性を見極めることができ、優秀な人材を確保しやすくなりました。

採用関係者のリクログ利用で採用業務の最適化に成功

携帯電話キャリアショップを運営するC社。全国に支店があり、それぞれで採用業務が行われます。募集部門が多岐にわたり、毎日たくさんの応募情報が。この情報はすべて本社の少人数の人事担当で受け付けており、採用フローを回すと業務の遅延が起こるという状況。採用の効率を悪くしていたのは「二度手間」でした。各採用会社の担当者へ求人内容を個別に送ったり、採用会社側の人事異動で情報の伝達がうまくいかずに新たに伝えなおさなくてはならないことも。リクログを利用し、採用に関わる人が連携することでメール送信や情報共有の煩わしさから解放され、採用フローの最適化に成功しました。

事業の拡大で複雑化する採用業務。データの一元管理機能でわずらわしさから解放

IT分野を中心に様々な事業を展開しているA社。分野ごとに特化した人材の活躍でA社の事業は急成長し、展開エリアも急速に拡大し、さらなる事業拡大を目指しています。事業拡大を成功させるには優秀な人材の確保が必須。自社に適した人材の確保には多数の応募者とその管理が不可欠です。A社は応募者を多数得るため求人媒体は7~8つ利用していました。それに対して応募者管理の担当者はたったの1名。以前はミスが発生すると普段より3倍も時間がかかり負担が大きかった業務が、リクログの導入により応募者の一元管理ができるようになった事で非常に楽に。ミスも減少し、業務がスムーズに進むようになりました。

リクログの詳細情報

サービス名 リクログ
利用料金 月額料金:7万円~
契約するコースやオプションの有無によって異なるため、要問合せ
無料デモ・トライアル
求人募集ページの作成
入力フォーム作成 不明
面接日程の自動調整
募集・面接・採用などのフローの管理
スケジューラー連携
通知機能(リマインドメール)
メールシステム
自動連絡メール(定型文)
オンライン面接 ×
オンライングループ面接 ×
オンライン面接の録画機能 ×
動画選考 ×
求人媒体との連携
(サーバーとの自動連携)

(HRビジネスクラウド)
CSVのインポート・エクスポート 不明
利用環境(企業側) PC(ブラウザ)
利用環境(応募者側) PC(ブラウザ)
運営会社情報 [会社名]HRソリューションズ株式会社
[所在地]東京都中央区日本橋3-10-5オンワードパークビルディング10F
[営業時間]記載なし
[定休日]記載なし

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >