PwCソーシャル採用管理ソリューション

新卒採用を円滑に進めるオンライン面接ツールガイド > 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 > PwCソーシャル採用管理ソリューション

PwCソーシャル採用管理ソリューションの特徴

Salesforceを活用した候補者ストック

情報を蓄積している未来の候補者に対しては、都度の活動履歴をSalesforce上で確認することができます。メール履歴や発信履歴など、いつ、どのタイミングでアクションを行ったのかを一目で活動することが可能です。Salesforceを既に導入している企業にとっては、コスト面でもメリットとなるでしょう。

スピード感を持った選考を実現

候補者にとって、選考終了までの時間は短いほどに、興味・関心を維持することができるでしょう。そのためPwCソーシャル採用管理ソリューションでは、情報を全て電子管理し、プロセスにおいてもシステム側で管理を行います。このように全ての管理をPwCソーシャル採用管理ソリューション上でできるようにすることによって、滞留タスクのアラート出しを迅速に行ったり、候補者への結果通知までの時間を短縮することが可能です。

結果的に全ての選考フローが終了するまでの時間を短くすることができ、優秀な人材を逃すことを未然に防止できます。

転職エージェントとのKPIを確認可能

通常採用管理ツールでは、転職エージェントとの連携はツール上でできるものの、メッセージのやり取りや候補者の情報登録・展開といった機能がほとんどです。しかし、エージェントが複数社になると、それぞれに展開しているポジションやKPIをまとめて管理したいと思う人事担当者は多いのではないでしょうか?PwCソーシャル採用管理ソリューションでは、エージェントとの情報を一元管理することも可能です。

情報はPwCソーシャル採用管理ソリューションで一元管理され、都度必要な情報共有もPwCソーシャル採用管理ソリューション上でエージェントと共に活動できます。これにより進捗確認はもちろん、現状の目線合わせに時間を掛けず、効率的に行うことが可能です。

短期導入が可能

採用管理システム導入はシステムをひとつ導入するという点に加え、関係者が多いこともあり導入に時間が掛かる場合があります。しかしPwCソーシャル採用管理ソリューションでは、アジャイル開発を採用しているため、即座に開発・導入が可能です。

短期導入が可能となる大きな理由として、Salesforceを上手く活用しているという点も挙げられます。PwCソーシャル採用管理ソリューションの開発チームと人事担当者が上手く連携することで、最短時間で新たなシステム導入が可能となるでしょう。

【特集】
専門家が解説
新卒採用のオンライン面接を
成功に導く考え方

キャククルへのバナー

PwCソーシャル採用管理ソリューションとその他のオンライン面接ツール・採用管理システムとの比較

WEB面接:×
WEBグループ面接:×
求人媒体との連携:〇
スケジューラー連携:要問合せ
CSVのインポート・エクスポート:要問合せ
料金:要問合せ

ツールとうよりもシステムという言葉がぴったりはまる採用管理方法です。他社とは異なり、営業活動において活用されることが多いSalesforceを活用することで、ひとつのシステム上で採用管理までも実施することが可能です。

PwCソーシャル採用管理ソリューションの導入事例

PwCソーシャル採用管理ソリューションの導入事例は見つかりませんでした。

PwCソーシャル採用管理ソリューションの詳細情報

主要機能

ストック型人材管理/選考プロセス効率化/エージェント連携

利用環境

  • [企業側]要問合せ
  • [応募者側]-
  • 料金プラン

    • 要問合せ

    販売元

    • [会社名]PwCコンサルティング合同会社
    • [所在地]東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング
    • [営業時間]要問合せ
    • [定休日]要問合せ