採用管理システム大全 » 人材採用を効率化するおすすめの採用ツールを比較 » Catch bowl

Catch bowl

Catch bowlの特徴

これまでのべ3,000社以上の採用コンサルティングをしてきたカケハシソリューションズが開発した採用管理システムCatch bowl。その特徴を紹介しています。

応募者とLINEでやりとりできる

LINEと連携した採用管理システムです。学生は普段の生活の一部になっているLINEから面接の応募ができるため、学生が感じる手間を軽減できます。やり取りが楽で多くの企業が用いているメール連絡に比べて開封率が高く、未開封や行き違いといった連絡ミスを削減できます。

採用形態の異なる応募をまとめて管理

Catch bowlは採用のプロによって、新卒・中途採用やアルバイト・パートといったあらゆる採用形態を考慮して作られています。複数の採用形態をとっている企業でもまとめて管理可能。Catch bowlのシステムとは別に管理用のツールを用意する必要は一切ありません。

少人数のチームで多くの採用形態に対応しなくてはならない企業におすすめです。

採用サイト作成ツール「MEET SOURCE」との連携で採用がより楽に

Catch bowlを提供するカケハシソリューションズが開発した、採用サイト作成ツール「MEET SOURCE」と連携させることで、さらに効率的な採用活動ができます。無料から使えるため、追加費用を気にする必要はありません。

まずはMEET SOURCEで自社の採用サイトを作成。そこから求人への応募があると自動的にCatch bowlに登録されます。手間をかけることなく応募者のデータがとれるため、管理が楽になり採用担当者の業務量を削減できます。

課題が明確になる分析機能

Catch bowlは選考のステップごとに、次の選考への移行率を表やグラフで表示してくれます。可視化することで、今まで何となく感じていた課題が明確になり、移行率が低い部分へ適切な対策がとれます。

分かりやすいUI

Catch bowlでは、直感的で分かりやすい管理画面を採用。面接の予約状況や今日のタスク、今後のスケジュールが一目瞭然です。忙しい採用業務の中で、ストレスや見落としなく操作できるでしょう。

Catch bowlの導入事例

Catch bowlの導入事例は見つかりませんでした。

自社の課題に適した採用管理システムを選びましょう。

基本的な採用管理機能が充実しているため、採用担当者にも学生にも使いやすい採用管理システムCatch bowl。その他にもオンライン面接やAIを使った人材分析などユニークな特徴を持った採用管理システムが多数あります。機能数や特殊な機能、費用面など、重視するポイントは企業によってさまざま。他にもたくさんの採用管理システムを紹介しているため、ぜひ比較してみてください。

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >