採用管理システム大全 » 採用担当者の悩みに応える採用管理システム » 求人募集に人がなかなか集まらない

求人募集に人がなかなか集まらない

求人募集の悩みをオンライン面接で解消

時間や距離の制約がネックになる求人募集

採用活動を行う担当者の悩みの一つに、「求人募集に人がなかなか集まらない」というものがあります。応募者が集まらない原因は、企業が求める人物像が曖昧で応募者に伝わりにくいことや、求人の条件が合わないなどによる部分もあるでしょうが、時間や距離の制約で面接に行くことが困難という環境的な要因が原因である場合も少なくありません。

例えば、地方在住の応募者が首都圏などの遠隔地の企業に面接を受けに行く場合、往復の交通費や移動による長時間の拘束、宿泊費といった金銭的・時間的制約があるため、最初から応募を諦める事態も生じています。海外からの応募であれば金銭的・時間的な負担はさらに大きなものになりますし、一度の面接で済むとも限りません。

とくに正社員の新卒採用、中途採用などにもなると、一次面接、二次面接と最終面接までに何度も企業に足を運ぶことになります。このようなことを考えれば、応募者が応募自体を躊躇することも否めませんし、求人募集に人が集まらないことも納得です。

応募者の負担を軽減するオンライン面接

応募者の負担となる金銭的・時間的な問題点を解消してくれるのが「オンライン面接」です。オンライン面接は、企業の採用担当者と応募者がパソコンやスマートフォンなどを利用し、インターネットを介して面接を行うことをいいます。

自宅にあるパソコンからwebカメラを使用し、リアルタイムでリモート面接する場合もあれば、予め企業が登録しておいた動画に対して受け答えを行うものなどもあります。なお、初期段階の面接ではオンライン面接を実施し、最終面接で直接会う場合が一般的です。

採用管理システムの中にはオンライン面接機能が実装されているものもあり、このシステムを利用すれば応募者側の時間的、距離的な制約が緩和され、応募者の負担が和らぐため、応募への敷居を下げることができます。その結果、応募への後押しとなるのです。

企業側のメリットとしても、オンライン面接を取り入れることで、通常の面接方法では出会えなかったような、遠隔地在住の優れた人材の応募数増加が見込めますし、優秀な人材の採用の取りこぼしを防ぐこともできるでしょう。

当サイトでもご紹介している採用管理システムのインタビューメーカー・HireVue・バイオグラフなどがオンライン面接機能を実装しており、企業のニーズに合った面接を実施することが可能です。

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >