採用管理システム大全 » 採用管理システムを導入するメリットとは? » オンライン面接を導入するメリット・デメリット

オンライン面接を導入するメリット・デメリット

採用管理システムの中には、オンライン面接に対応した機能がついているものがあります。オンライン面接を取り入れることで、採用はどのように変わるのでしょうか?ここでは、近年導入する企業が増えている「オンライン面接」について導入するメリット・デメリットをまとめました。

オンライン面接を導入するメリット

オンライン面接のメリットは、応募者の所在地や居住地に関係なく面接できることです。優秀で企業に適した人材を採用するためには、たくさんの応募者の中から採用候補を絞り込んでいく必要があります。求人に対して応募者が少ないと、採用人数を確保するために多少の懸念点があっても妥協して採用しなくてはならないケースも。オンライン面接なら、遠隔地の応募者でも交通費や日程調整の不安なく応募できるため、応募者の母数を増やすことができ採用の質向上につながります。

メリット一覧

地方や海外にまで募集がかけられる

地方や海外に募集がかけられるのが、オンライン面接の大きなメリットです。コストがかからない地元や東京・大阪といった人が集まるエリアに絞って採用活動を行うのは一見合理的ですが、ほとんどの企業で考えることは同じ。同業他社と選考のエリアや時期が重なった場合、想定していたより応募者が集まらない可能性があります。たとえ集まったとしても優秀な人ほど複数の内定を獲得するため、入社につながる応募者の割合に課題が残ることも。

地方や海外なら他社が手を付けていないエリアを定めるのが簡単で、同業大手との競合を避けることができ、応募者の確保につながります。

日程調整が楽

オンライン面接の魅力は企業側・応募者双方にとって日程調整が楽なことです。急な日程変更があった場合、新たに日程を調整するのは企業にとっても応募者にとっても非常に骨の折れる作業。オンライン面接では応募者の移動にかかる時間や天候を考慮する必要がなく、予定があってもすき間時間で面接できるため調整が非常に簡単です。

企業に適した人材を厳選できる

オンライン面接は、企業に適した人材を見極めるためにも非常に有効です。面接会場までの移動コストや時間がかからず日程調整も楽なことから、より多くの面接を実施することが可能。さらに、面接中の様子を動画として保存することができるため、後で見返して冷静に判断できるのもオンライン面接の特徴です。面接官同士で面接方法や基準を共有したり合否を複数人で判断したりすることで個人の主観や判断ミスをなくし、企業に適した人材を適切に評価できます。

低コストで採用の効率がアップ

人材募集でアプローチする範囲を広げたり応募者の見極めの質を上げたりと、採用業務をサポートしてくれるオンライン面接。一番の魅力は、これらがすべて低コストで行えることです。通常の面接で必要な面接室の確保や応募者の誘導、資料の印刷・準備といった事務的なコストだけでなく、採用に関わる人件費も削減することが可能。オンライン面接で浮いた労力を他の業務に割り当てることができるため、非常に効率的です。

オンライン面接を導入するデメリット

便利なオンライン面接ですが、デメリットもあります。オンライン面接では、対面で話すよりも微妙なニュアンスや表情が伝わりづらいため、意図を正確に伝えたり読み取ったりするのが難しいと言えます。また電波状況や操作の手違いによって、面接が中断してしまうことも。こうしたトラブルにうまく対応するため、事前のフロー作成や応募者との確認が大事になります。

また、まだ企業の知名度が低い場合、オンライン面接を導入しても急に応募者が増えることはありません。知名度を上げるためには、募集したい地域での説明会や広告が必要。応募者を増やすために新たなコストをかけられない場合は、オンライン面接導入には適さないかもしれません。

デメリット一覧

対面時に比べて意図が正確に伝わりづらい

実際の面接に比べ、オンライン面接では会話の意図が正確に伝わりづらいというデメリットがあります。対面での印象は、声のトーン・話の速さなどの聴覚情報や表情・身振り手振りといった視覚情報から作られ、話の内容より重視されることも。面接時においても話の内容以外が与える影響はかなり大きいと言え、対面の面接で選ばれる人は、話す内容と合わせて聴覚・視覚情報も人柄として総合的に判断されています。オンライン面接では対面時に比べ視覚から得る情報が減るため、実際に会ってみると面接時との印象が異なるといったケースも起こり得ます。

機器のトラブルが起こる可能性

通信機器を用いて面接を行なうオンライン面接では、通信機器のトラブルによって面接が中断してしまう可能性があります。通信機器のトラブルはちょっとした操作の誤りや通信環境の悪化によって起こるため、完全に予防するのは難しいもの。応募者の信頼を損なわないためにはトラブルが起きた時の対処法を考えて、あらかじめ応募者に伝えておくことが大切です。面接案内メールに不具合が起きる可能性があることや対処法を記載しておくことで、トラブルの際にもスムーズに対応できます。

また通信トラブルを完全に防ぐことはできませんが、面接の直前に通信環境を確認したり、通信機器の使い方を周知して操作ミスを防いだりするといった対策も有効です。

企業の知名度が低い場合効果が薄い

企業の知名度が低い場合、オンライン面接を取り入れるだけでは応募者が増えることはありません。オンライン面接で応募者が増えるのは、「面接を受けたいけど、面接会場が遠くて受けられない」と感じている人が多い場合のみ。企業が認知されていない地域からの応募者を増やしたいなら、その地域での合同企業説明会に出展したり大学など人が集まるところで説明会を行なったりするなど、企業を知ってもらう活動は切り離せません。

オンライン面接を取り入れるなら、説明会を並行して行なうことで、会社の知名度と選考への応募人数を同時にアップできます。

オンライン面接をうまく利用するには?

オンライン面接には課題点があります。うまく利用するためには、目的に合わせて対策を練ることが大切です。

オンライン面接では意図が伝わりづらく応募者の見極めが難しいと感じるなら、事前にメールや資料などで質問内容をある程度共有しておくと良いでしょう。

また企業の知名度が低い場合は、採用活動の拡大とともにオンライン面接を取り入れると良いかもしれません。説明会の参加者にオンライン面接を取り入れている旨を伝えることで、企業の知名度アップと応募者の増加が同時にできます。遠方の地域での説明会は採用に結びつきづらいため候補から外れがちですが、オンライン面接を並行して用いることで説明会の成果が応募人数にダイレクトに反映されるため、非常に効率的です。

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >