採用管理システム大全 » 普及率高まる「WEB面接」その導入方法とは » オンライン面接システムの導入事例

オンライン面接システムの導入事例

事例1:採用までの負担が軽減

以前は全国に展開する店舗へ赴いて面接をしていたというB社は、手間やコストが掛かり採用業務に負担を抱えていました。WEB面接にすることで面接のスケジュールを組むなどの手間が省けたので採用までの作業が楽に。出張に掛かる移動費や宿泊費を抑えることもできたので、コスト削減に繋がっています。

事例2:質のぶれがなくなった

店舗ごとの採用では採用担当が複数いることになり、採用の基準にばらつきがあったというU社。人材の採用条件などの目線を揃えるためには採用担当を本社に一括して担当者を少数に絞ることが大切だと考え、オンライン面接の導入を決めたそうです。導入後は、採用状況やデータを複数の店舗で共有でき、基準にぶれが無くなったことで採用の質も向上したとのことでした。

事例3:管理がしやすく負担が少ない

採用情報を様々な媒体に掲載するとそれぞれの応募者を異なる画面で管理することになってしまい、手間が掛かかる上に複雑で難しいと感じていたJ社。外部の求人媒体と連携できる採用管理システムを使用することで、応募数や応募者情報などが一括で把握できるようになり負担になっていた点が改善されたそうです。

事例4:海外の方にも合わせやすい

海外に在住している方や遠方に住んでいる方を積極的に採用したいと考えるA事務所は、互いの負担を考え一次面接でWEB面接を導入しています。また、海外に拠点がある企業とのやり取りにもオンライン面接を導入することで、双方が同席して会議を行うことが可能となり、円滑な進行に役立てているようです。

事例5:何度も日程調整をしなくて良い

応募者との日程が合わず何度も調整をするうちに、応募者との連絡が途絶えてしまうケースを体験したJ社。日程調整の機能がついているオンライン面接のシステムを導入しました。会社側が面接可能な時間を設定し、応募者がその中から都合の良い日を選んで予約することで会社側と応募者が何度もやり取りをすることが無くなり、時間短縮や会社の負担軽減に繋がっているようです。

事例6:人材へ繋がる窓口

地方や首都圏外の大学に通っている学生との接点を持つ機会になかなか恵まれず、優秀な人材を逃していることに悩んでいた都内のR社。会社を知ってもらう場を作りたいと思いオンライン面接を導入したそうです。今では遠方の学生との接点を持て、会社に興味を持ってもらうことができ、優秀な人材を採用するための窓口になっているとか。

事例7:録画機能で応募者に集中できる

面接で採用担当者がメモに集中してしまい、応募者に悪い印象を与えていると感じていたY社。オンライン面接のシステムを導入し、録画機能を利用することで面接官が目の前の応募者に集中できるようになりました。後から見返すことができるので、複数人で採用について判断できるのも利点だと感じているようです。

オンライン面接に対応した採用管理システムBEST3

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント15pt

インタビューメーカー

採用業務を効率化する豊富な機能を備えたオールインワンタイプの採用管理システム

【導入費用】:39,800円~

インタビューメーカーの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント11.5pt

HireVue

アメリカで開発されたデジタル面接・録画機能に特化したコミュニケーションプラットフォーム

【導入費用】:4,000,000円~

HireVueの
公式サイトはこちら

総合獲得ポイント7pt

HARUTAKA

採用者も応募者も時間に縛られない「新しい」面接システム

【導入費用】:要問合せ

HARUTAKAの
公式サイトはこちら

採用活動の効率化に重要な14の機能と無料デモ有無を数値化して評価!
詳しい評価内容はこちら >